バレエダイエットには最終目標の設定をすることがキーポイント!その理由は?

バレエダイエットで大切なことはダイエット食事、バレエでアンディオールや引き上げができる特別な筋トレ、リンパマッサージ、筋肉をゆるめる施術が全て絡んでいます。
バレエをやっていて痩せた体が維持できなかったり、バレエをやっているのに痩せないとか、バレエをやっているのに太っちゃったと言う人は原因が必ず何かあります。

 

バレエで痩せたいと思っていてもついつい食べ物の量が多すぎたり、食べているものの質が少量でもが太りやすい体を作るものを毎日食べていたりすると、痩せたいと思っていても体重計の数字に表れてこないから、そりゃ〜めげますよ。

 

なんでそういう痩せたいと思っているのに反対の行動をしているのか?
これは気功整体やスポーツ心理学でも言われていることなんですが、「バレエで痩せる最終目的の設定がされてない」ことが原因で思ったように痩せない。

 

これが根本的に痩せない原因です。

 

例えばバレエでやせたいな〜とタダ漠然に思うのではなく、痩せた先にある自分のゴールが何なのか?

  • バレリーナのように見た目スレンダーでほっそりとした手足になってレオタードを着こなしたい
  • プロポーションをもっと良くしてバレエの綺麗なラインが欲しい
  • 痩せながらバレエのテクニックをつけて上達したい
  • 痩せたバレエ体型でもっとアンディオールができる脚で踊れるようになりたい
  • もっと足を高くあげたい
  • 体が柔らかくなりたい

 

上記のように痩せる先にある目標設定するとダイエット方法も具体的なメメニューを作っていくことができます。
バレエをやっている人なら、通常のバレエレッスンに

  • バーベル上げで筋力アップさせる
  • 食事をダイエットメニューにかえる
  • 栄養補給サプリメント等でダイエット中も必要栄養素を補給する

する。

 

このようなメニューを繰り返し具体的に行うことで脳が正しいダイエットを行うことを認識する→ドーパミンやアドレナリンが適度にでる→ツライダイエットをすることなくダイエットを続けられるようになる。

 

このようにスポーツ科学的にアドレナリンとドーパミンを適度に出すことによって、ダイエットを継続することもできるし、ダイエットメニューや筋トレにもいい結果が作用し、目標が達成するまで続けられるのです。

 



関連ページ

食事制限でつらくないダイエット法でバレエももっと楽しくなる豊富尾
ダイエットを思い浮かべると大抵がつらい食事制限をしたり、おなかがすいて結局食べてしまって痩せなかった経験がある人は多いと思います。そういった辛いダイエット法は間違っています。バレエでも痩せることや食事制限も必要ですが、それだけでなく同時にあることをやることで栄養のとれた食事もしながら痩せる方法がありますよ。
痩せるとバレエが上手くなった様に脳が錯覚を起こすこと知ってますか?
バレエが上手くなりたい!もっと上達したいと思うなら、バレエ体型を手に入れるようにダイエットして痩せた体系を手に入れることも必要です。どうしてかというと、脳がバレエでは痩せた体系を必要とするバレリーナのイメージが固定観念として一般的にあるからです。
中学生のバレエダイエットは欧米のバレエ学校の栄養学を取り入れよう
日本のバレエ界では中学生や高校生のバレエを本格的にやっているバレリーナを目指している生徒のための学校がないから、正しいバレエのためのダイエット方法なんて知られていません。しらないだけでなく間違ったダイエットで健康を壊したり、バレリーナ体型に近づけない独自のダイエットをしちゃったり。バレリーナ体型になりたいなら、細長い体つきになるなめの必要な栄養素を知っておくことがポイントです。
クラシックバレエだけでない、痩せすぎバレリーナは使えない
海外のバレエ団のでは「子どもの体つきのままの細すぎる子ども体型」のバレリーナはオーディションに失敗することが多い事実を知ってますか?同じ細いバレリーナ体型でもお尻も胸も丸みを帯びた女性らしい曲線もバレリーナには必要です。
バレリーナでも間違ったダイエット方法は頭を洗脳する(実例)
バレエの発表会やコンクールの数か月前から食事制限をしていると、バレエの練習でも痩せている自分の姿をみてレオタードが似合ったり、衣装が似合ったりと、自分の姿を見つめなおすことってありますよね。バレエダンサーになっても常にボディチェックとダイエットは切れない関係です。正しい食事とダイエットの効果について紹介していきます。