面倒くさい食事制限しなくてもバレリーナ体型のように太らない体質を癖づけができる方法!

バレリーナの体形に必要な筋力や代謝のいい体をつくるために、食材を吸収・消化させ、いらないものは体の外へ排出させることが必要です。
この体の基本的なサイクルが上手くいかないと、便秘や代謝が悪くなり、不必要なものを体にため込む結果、痩せづらい体やポッコリおなかの原因となってしまいます。

 

食事をする時間もだいたいでいいので、いつもおなじくらいの時間帯で摂ったほうが痩せる体つくりのリズムを体の基幹に覚えさせるにも役立ちます。この現象は医学的にも証明されていることで、食べたものを体が取捨するリズムを一定にするためです。

 

よく言われることは夜ご飯は21時までに済ませるとか・・・。
でもこれはプロのバレリーナや大人になるほど結構21時までに夕食を済ますことは難しいことなんです。

 

会社でいうならば残業があったり、仕事の後の付き合いがあったりで帰宅するのは22時や23時過ぎ。それからよるご飯を食べると消化機能はどうなるのかなって考えてしまいますよね。

 

遅く帰宅して、家族やパートナーと食事を楽しみたいときもあります。

 

バレエ関係者もバレエのレッスンは夜遅くまであったり、リハーサルや舞台があるとやはり帰宅するのは下手すると24時過ぎになるときもけっこうあります。

 

でもよる食べないとお腹がすいて眠れない!
欲求不満に陥ります!

 

ダイエット中の時に夕食が夜中になるときは、どうすべきか?どうしたらベターか?どうしたら遅い時間に食べても太らずにいられるか?

 

バレエの筋トレのパーショナルトレーナやフランスの留学先のバレエ学校の栄養士に話を伺うと次のような回答が得られました。
これだけでも夜ごはんの時間が遅くても、痩せづらい体やポッコリおなかは防げるようになります。

 

夜ごはんの時間が遅ければ、それだけ消化・吸収・排出する時間もかかります。
だから朝食時間をいつもよりずらして遅くとることをお勧めします。
=朝食時間が遅れるということは、必然的におひるごはんの時間が朝食が遅れた分時間wおずらしたり、ランチの量を減らしたり、食べるものの質をローフードに変える必要があります。