ダイエットでも体重が思う様に減らない時期やリバウンドしやすい事象は栄養的観点からも正しい現象

どんなダイエットもリバウンド時期とダイエットをしても体重が思う様に減らない停滞時期っていうのが必ず生じます。

 

どんなダイエットも多少のストレスは生じるのは仕方ないですが、それに加え思う様に痩せない時期が長く続いたり、ダイエット後にリバウンドする体重が多くてダイエット前の体重に戻ってしまう人も少ないないです。

 

そうなるとダイエットした時間や費用は何だったんだろうとイライラしちゃいますよね。

 

そういった負のサイクルをできるだけに予防するためにどうしてリバウンドや体重が減らない停滞期が生じるのか?を先に理解しておけばイライラするのも最小限に抑えられるもの。

 

リバウンドと体重が減らない停滞期の原因

以前少し「ホメオスタシス」についてお伝えしました。
そうなんです。

 

ダイエットを開始すると、体の自然の法則として、体重や体脂肪をを減らしていくと、それとは逆の「体を元の状態に戻そう」という働きが生じます。
その時期が体重が思う様に減らない時期やダイエット後のリバウンド時期にあてはまります。

 

ホメオスタシスの法則もある一定期間を過ぎると、また体重が痩せ始めたり、リバウンド時期を無事に通過することができます。
この時期は個人差があります。

 

 

私の場合は約2週間ほどの体重がほとんど減らない停滞期があります。
この停滞期もちょっとがまんしてバレエ学校用のダイエットメニューを繰り返しています。そうするとこの停滞期が終わるころには、消費カロリーがたまりまた痩せていくという現象がおこりました。

 

ダイエット終了後のリバウンド時期は、それほどダイエットメニューと変わらない健康的な栄養価を考えた食べ物を取り入れて料理しているので、太っても1〜2キロなので、リバウンド時期としては自分に対して許せる範囲(笑)として気にしないようにしてます。

 

体重を気にしすぎても心が疲れるだけだし、何より食べる楽しみも感じられないから!

 

具体的に何を食べていいのかはバレエ学校用のダイエットマニュアルを参照して頂くと毎日何を食べていいかが理解できます。

 


 

こういう自分の意志とは裏腹にホメオスタシスが働いて太りやすい期間こそサプリメントやカロリーの低いスムージ等で栄養補給したり、「甘いもの」食べているということを脳に満足させながら太りにくい健康的な体を維持するように心がけることもリバウンド時期を上手に抜けるためにお勧めします。