お腹を引き締める為に効果があるものにエクササイズがあります。腰の回転運動や、太ももの上下運動、腹筋を使う運動が、お腹の引き締め効果が得られるエクササイズです。継続の重要性を理解していながら続けられなくなったり、人目を気にして中止してしまう方もいます。お腹を引き締めるエクササイズの中には、立位で行うものや、座位で行うものなど、色々なものがあります。座った姿勢で行うエクササイズは、椅子に腰掛けて上半身を左右に回転させて行います。急激な動作より、ゆるやかな動きの方がお腹の引き締めができますので、静かに体を動かすよう心がけましょう。デスクワークをしている方でも、いすに腰掛けたままできるエクササイズならば手軽にできます。左右それぞれ20回ずつの運動を、1日に3〜5セット行うとお腹を引き締め効果が得られます。エクササイズには、立ったままできるものもあります。頭上で両手を組み、腰から上を左右に傾けることで体を伸ばす運動でお腹を引き締めることができます。お腹やわき腹の辺りを意識して、ダンベルや水のボトルなどを手に持って行うとさらに引き締め効果が上がります。右10回、左10回の運動を1日に3度行うことによってお腹の引き締め効果が得られます。お腹を効率的に引き締めるには、意欲を持って取り組むことが重要です。エクササイズに取り組む場合は、お腹の引き締め効果やシェイプアップが成功した状態を意識し、目的意識を持って毎日続けることか重要になってきます。

https://ci.nii.ac.jp/els/contents110001920041.pdf?id=ART0002117900

 

日本体育大学がHMBの研究論文を発表
日本体育大学がHMBを使った研究論文を発表していて、陸上短距離走の男子14名に対し、4週間行った実験によると筋トレを行った際の筋肉増加率が高く、筋肉の損傷を防ぎ回復を促進する効果があることが報告されています。

 

HMBサプリの選び方
HMBサプリの目的や用途が分かりましたので、これをもとに、どのような基準で選んだら良いのか?について考えて行きます!HMBの配合量・続けやすさ・コスパの3点を基準にランキング順位を決めて行きますね♪
HMBサプリ女性用比較ランキング
選び方1:HMBの配合量
選ぶ基準の一つ目は、HMBの配合量です。筋肉を増やす為に必要なHMBがどれくらい配合されているか?これが少ないと効果が薄いので、何のために飲んでいるのか分かりませんよね?

 

HMBの摂取量
では、HMBの摂取量は一日にどれくらいが良いのだろうか?多くのHMBサプリでは、1,500mgが配合されているが、これで足りるのだろうか?

 

HMBの摂取量と効果について研究した結果では、1,500mgと3,000mgを比較すると3,000mgの方が明らかに効果が高く、3,000mgと6,000mgを比較すると効果に差はなかったとされています。

 

だとすると、1日の摂取量は、3,000mgがベルトだと考えられますね!効率良く筋肉量をアップさせて、代謝アップと引き締め効果でダイエットするなら、1日3,000mgの摂取をおすすめします。

 

選び方2:続けやすさ
選ぶ基準の二つ目は、続けやすさです。HMBサプリは風邪薬のように飲んだらすぐに効くのではなく、筋トレと一緒に長く飲み続ける必要があるので、価格が高いと続けにくいですよね?

 

選び方3:HMBのコスパ
選ぶ基準の三つ目は、HMBのコスパです。このコスパは要するに価格と配合量の両面から考えた基準になりますが、価格に対する配合量がどの程度か?ということです。コスパが高い方が良いですよね?
※効果が高いとされる1日3,000mgの摂取をする場合、コスパが低いと高額になる可能性が高いです。