バレエで痩せようと思っている人やバレリーナ体型になるためのダイエットにも炭水化物が外せない理由

ダイエット中に炭水化物(主に主食)は食べると太るという人が多いんですが・・。
確かに主食にバカバカとご飯を何杯も食べたり、パンを何枚も食べると太ります!

 

でも主食は絶対に取らないと体が健康に保てません! ダイエットしても体力がなくなったり、気力がなくなったりしたらバレエや勉強、仕事・趣味にも集中して打ち込めないですよ。
それに女性は便秘になりがち。

 

毎日便意に悩んだり、おなかだけポッコリで動きにくかったり・・。(オナラばかりでてしまったり・・・)
だから主食でもできるだけ糖質の量を控えながらしっかりと食べることを、ここでは推奨してます。

 

バレエ学校用のダイエットマニュアルやデュカンダイエットでも必ず炭水化物を摂る!ことが体のサイクルを崩さずに痩せていく不思議な法則とマニュアルの中で述べてます。
食べる量や食べていい炭水化物や炭水化物を食べていい時間についてはマニュアルに詳しく書いてあります!

 

炭水化物には糖類=でんぷんだけでなく食物繊維も多く含まれている食材もあります。玄米や全粒粉でできている主食を中心に食べればダイエット中でも食物繊維が豊富にとれて便秘になりがちを防いでくれます。

 

個人的には極度の便秘症でもう高校生時代以来ずっと便秘に悩んでいました。
全粒粉の食物を食べれば便秘がすべて解消されるわけではないけど、高校生時代よりは解消されていて、レオタードをきてバレエをやってもポッコリおなかにはなっていないので、食材の効果ってすごいな〜って感じているほどです。

 

 

炭水化物のもう一つの大きなポイント

 

  • 筋肉痛を和らげる
  • 筋肉の修復を図る

 

筋トレ後や運動量がはげしいバレエや激しいスポーツ後は、筋肉が披露しています。
それを修復する作用が糖質とタンパク質でもあります。だから炭水化物(に含まれる糖質)をとらないと筋肉が硬直したままでつぎのトレーニングにとりかかるので、筋肉に余計な負担もかけて筋肉が太くなる原因にもなります。

 

ポイント

ダイエット中の炭水化物は全粒粉の食べ物で糖質の量を抑える



関連ページ

バレリーナ体系になるための必要な栄養素は必ず取らないと痩せません!
バレリーナには何より見た目のスラッとしたバレリーナ体型が必要です。それにはバレエで必要な細い体を維持する筋肉やが必要となってくるので、その筋肉を作るための栄養素を知って食事制限する意味があります。
バレエのハードな動きにたえる適度な筋肉をつけるための食材選び
バレエのレッスンや発表会、コンクールのためにダイエットしてると体力がおいつかなくなることがあります。そんなハードなバレエの動きにもスムーズに動けるように美しい筋肉をつけるための食材は何を食べればいいのか?
バレエをやっていても食べていいお菓子やデザート
バレエの発表会や公演、コンクールのためにお菓子やデザートを食べることを全てやめてしまうと、それが終わったとたんに反動で食べ過ぎや過食になってしまいがち。そうならないためにも食べて大丈夫なお菓子やデザートは?
バレエの消費カロリーと食事でカロリー摂取を控えてダイエットを成功
バレエの消費カロリーを分かったうえで、食事でカロリー摂取を控えてダイエットを成功させるにはどのような方法が一番体や精神的にもストレスや負担をかけずにできるのか参考になる情報を公開しています。
ダイエット中でも保温効果のある脂肪分を含む食材は食べるように!
バレエを本格的に習っている人もどうでない人もダイエットって聞くと食べたいものを我慢したり、おなかがすいてしまったり、代謝が落ちて冷え性になってしまったりします。ダイエットには保温効果のあるあるものは食べることは必須です!
成長期のバレエでダイエット中も身長が伸びるようにする方法?!
バレリーナ体系を目指してダイエットしている人やバレエをやtりながらダイエットをしているとどうしても痩せることだけに注目しがち。でも間違った方法だと、成長期の身長の伸びなくなる原因にもなります。バレエの男性は特に身長は大きい方がいいです。
バレリーナの食事メニューサイクルを実施すれば太りにくい体が作れる
バレリーナのように細くて筋力がある体作りにはバレエ専門のプロの栄養士やトレーナのアドバイスとともに食事をメニューをつくっていくのが長期的に太らない美しいメリハリノディーを作るコツです。
自己流ダイエットは怖い!バレリーナがダイエットしすぎで死亡した事件
バレエ仲間が集まるとかならず話題になるのが、痩せた、太った、ダイエットしなきゃ〜っていう発言。それほどダイエットする必要ないんじゃない?って思う人もやってます。ただ周囲してほしいのは炭水化物ダイエットのように無茶な痩せ方は死亡率が高まります。
バレエでふくらはぎが子持ちしちゃもを改善する方法
バレエのレッスンをやりすぎるとふくらはぎが子持ちししゃもになるのはウソ。筋力が低いので体の引き上げをする筋肉が強化されていないだけ。だからふくらはぎの筋肉が強い人はバレエの動きについていくために発達しちゃう。バレエと正しい筋トレを身に着ける体脂肪が減り痩せますよ。
バレリーナになりたい人がダイエットする場合の食育ルール
バレリーナは職業柄ダイエット、痩せる、体脂肪減らすことに対する意識が超高いです。無理なダイエットをしないで、健康を保ちながらバレエで必要な理想の身体を目指すための栄養学についてお伝えします。
バレエで痩せるために知っておくべき代謝とダイエット食事の回数の関係
バレエでダイエットしようと思ったら、バレエのレッスンをすることによって得られる痩せる効果と新陳代謝アップの関係を知ることから始めると効率的にダイエットができます。そして初心者のバレエや大人からバレエを始めたバレリーナのようなハードな動きをしないバレエのレッスンでは簡単には痩せないことは分かっています。同時に必要なことは食事の時間にも痩せる効果を上げる仕組みを知ると、バレエダイエットに役立ちます。
体脂肪を減らしてバレエで痩せるにはこの栄養素を食べよう!
バレエダンサーでもバレエを趣味で楽しんでいる人も、鏡の前に立つとどうしてももう少し痩せれば綺麗に見えるのにと思いますよね。レオタード姿ももっと美しく着こなせるようになるし。痩せて体脂肪を落とすためには必ず食べたほうがいい栄養素があります。
腸腰筋の筋トレと正しい食事管理がバレリーナの引き締まった体系を作る
食事管理が難しい成長期のバレエ:小学生・中高生の食事とボディケア
バレリーナの食事と聞くと自己流ダイエットでリバウンドしたり、痩せなかったりと失敗ばかりの経験者も多くいます。バレエをやっていて最も難しいのが小学生や成長期の太らない食事と健康なダイエットです。ここでは自己流の間違ったダイエットの怖さと弊害を実例を交えて紹介します。
バレエと食事管理:バレエでダイエット中も食べていいデザート
バレリーナでも甘いものやデザートを食べないわけではありません。体が太らないように動いてカロリー燃焼させるのも事実だし、お菓子やデザートを食べる時間帯にもよります。海外のバレリーナやダンサーが間食している食べても太りにくお菓子やデザートの情報を少しだけお伝えします。
バレリーナのような細い体型になれる糖質制限ダイエットの期間はどのくらい?
バレリーナのように痩せていて手足も細長い体型になれるように健康的なダイエっと方法は「糖質制限」にあります。その糖質制限で食事制限するダイエット方法は2つあります。どちらの方法も特に太ももとお尻、お腹、顔が痩せますが、ダイエット期間はどのくらいかかるのでしょうか?
バレエや有酸素系の運動で細い体に痩せるために食べるダイエット食材は?
プロのバレリーナもバレエやっている人も食事制限でダイエットをやっている人は多いです。正しい食事療法で美しく細い体を作り上げ提示していくには必ず食べる食材があります。その紹介を詳しく説明しました。
バレエでも食生活は大切!食事管理で野菜を食べていい量ってどのくらい?
バレエで食生活は大切。健康で痩せた体系を維持するためにも正しい食事の知識と実践が必要です。子どもも大人もバレエを楽しんで踊り続けるためにもこんかいは一日に食べていい野菜の量について紹介します。バレリーナのように細くて美しい体脂肪率も低い体型になりましょう!
バレエしながら痩せるダイエットにはタンパク質は必ず食べる!
バレリーナの糖質制限中でも「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」に注意!
糖質制限中に気になるカロリーゼロのおやつは食べていいの?
糖質制限中にも食べられるおやつがあるのはうれしいですよね。でも糖質なし糖類なし砂糖0のゼロカロリーのおやつって本当にダイエット中でも食べていいものなのか?本当にカロリーがないものなのか?糖質ゼロ、カロリーゼロのおやつについて正しい情報をまとめました。
バレエと食事管理でリバウンドしないで美しく痩せるメカニズム
バレエで上手に健康管理できる食事で踊れる身体をつくり、また美しいバレエラインの体型を作っていくにはバレエの人のための食事管理マニュアルが必要です。フランスのバレエ学校用の食事管理メニューやデュカンダイエット方法で痩せた後のリバウンド防止策についてまとめました。
バレエで痩せるにはなぜ筋トレと食事管理が必要なのか?
バレエで痩せたいと思う人もバレエのために痩せなきゃという人もバレエをやっただけでは痩せません。きれいなバレエ体型になrには食事管理と超短期の筋トレが必要です。体脂肪を減らしてバレリーナのように細い体型を手に入れるための方法をまとめました。