糖質制限中の食事管理記事一覧

 

バレリーナ体系って聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?ガリガリに細くてやせ細ったバレリーナを想像する人も多いでしょう。手足が長細くて、首が長くて立っているだけで美しいバレエダンサーを思い浮かべる人もいると思います。逆に手足や背中、おなか回りの筋肉がけっこう発達していてガッチリしているバレエダンサーはイメージにないですよね。どれも正しいバレリーナの体系であり、人ぞれぞれ痩せるフォームが違うことっ...

 
 

バレエをやる人にとって、どの年齢の人も美しいバレリーナ体系や体のラインを保ちたいと思うもの!鏡ごしに美しい自分の体のラインが確認できれば、もっとバレエが楽しくなりますよね。バレエやってる人なんて、自惚れがあるからこそ続くもの!そしてレッスンや踊りがもっと楽しくなる!だから美しいバレエ体型を保つためには、少なからずちょっと努力しているのが本音です。「何にもしてない」とか「ダイエットしてない」とかいう...

 
 

ダイエット中でバレエのレッスンをしたり、リハーサルや本番をすると集中するし、筋肉も使うし体力も頭も使う。だからダイエット中でも必ず取らなければならない食材の中で「甘さ=自然な糖分」をとる必要があります。バレエのレッスンやリハーサル、本番では体力も失われるし、頭も使うので下手なダイエットをしてエネルギーまで低下してはダイエットをする意味がありません。痩せているバレリーナでもデザートやお菓子等、食べて...

 
 

バレエのレッスンやリハーサルのカロリー消費量を体重別に違ってきます。体重とレッスンやリハーサルの消費量を実感してみてください。体重カロリー消費量(バレエレッスンやリハーサル90分)40kg314 kcal45kg354kcal50kg393 kcal意外とバレエ1レッスン90分のカロリー消費量は少ないことが分かると思います。(バレエをやるのが初めてでレベルも入門程度のほとんど動かないバレエのレッス...

 
 

体についている脂肪(皮下脂肪)は体内から体外への熱の放散を防ぐと共に、体外から体内への熱の侵入を防ぐため、体が急激に冷えたり熱くなったりということなく体温を調整する働きがあります。このように、脂肪も理解して補給することで身体に良い効果をもたらしてくれます。もちろん、摂り過ぎは痩せるという意味ではダイエットには良くないので、適量をとるように。特に成人を過ぎると体の代謝も悪くなって冷え性等も適度に脂肪...

 
 

ダイエット中のバレリーナやバレエをやっている人が意外と知らないダイエット中のビタミン摂取量。痩せることばかりに注目したり、見た目バレリーナ体系のようにスレンダーな体つくりばかりを気にしていると大切な栄養素の1つを忘れてしまいがち。ダイエット中に特に栄養素の中でもあまり重要視されないのがビタミン類。ビタミンCは、美白成分にも欠かせないことで世間では騒がれていますが、意外と知られていないこともあります...

 
 

バレリーナの仲間内でも、バレエ関係の友人の間でもよく話題になるのが、ダイエットしなきゃ〜、ほくなりたい〜もう痩せなくてもいいじゃん?っていう人も中にはいますが・・・バレエをやっている人もそうでない人も綺麗に筋力は落とさずに痩せたいと思ったら、やはりいつも何を食べているか?から考え直した方がベター。けっこういろいろ健康に気を遣っているつもりでも、「つもりダイエット」になってしまっていることってあるん...

 
 

これはずっと個人的に自分の心の内に秘めていた事実です。今になってこうやってここで伝えていきたいと思った理由は、バレリーナの中にはすでに細いのに栄養学的にも医学的観点から正しくない自己流のダイエットを続けてしまった結果20代半ばで突然なくなったこと。名前はプライバシーの関係でお伝えできませんが、バレエや体を魅せることを資本とする業界ーバレエ、ダンス、新体操、体操、フィギュア・スケート関係者にはまだま...

 
 

バレエを始めるとふくらはぎにボコっとした見た目「子持ちししゃも」の筋肉がついていませんか?それって遺伝もあるけど、実はもともと体を引き上げる筋力が劣っているから、比較的強い筋力の場所=ふくらはぎ中心にバレエの動きをしてしまうことが大きな原因。その他に考えられる原因もありますが、やはりこの場合は見た目も醜いし、やはりバレエをやるからには細くてスラっとしたふくらはぎを手に入れたいですよね。そうすれば鏡...

 
 

海外のバレエ学校では、子供の時に授業で骨格やバレエのための栄養学や食事方法といったこともバレリーナになるために必要な体つくりとして学ぶのが当たり前。でも日本はバレエ専門の大学や専門学校、新国立劇場のバレエ研修所でしか、こういったバレリーナに必要な大切な知識を学ぶ機会はありませんよね。大概の子どもからプロのバレエダンサー、バレエ愛好家や趣味でバレエをやっている人のほとんどが自己流のダイエットで思う様...

 
 

バレエをやっている人だとよくわかると思いますが、バレエのレッスン中にどうしても自分の姿をみますよね。レオタードやピンクタイツのラインが少しでもキレイになっていると嬉しくなりませんか?ボディーラインが美しくみえるようになるには、バレエで正しい筋肉の使い方を学びながらひたすらレッスンをすることが最大の近道です。ただそれだけでなく、多少今の体型から痩せるともっとレオータード姿が綺麗にみえるようになります...

 
 

バレエを楽しく趣味で続けるにも、バレエダンサーのように痩せた体になってその先にある目的は、自分が痩せた体になってよりで美しくなり、恋愛に発展させたり、バレエでも鏡越しに自分のレオタード姿をみるのが密かに楽しくなったり、レオタードを新調したり、そんな希望が待っているのではないでしょうか?痩せる目的はいろいろありますが、痩せる方法をまちがえるとかえって太ってしまったり、リバウンドしてしまったりするので...

 
 

腸腰筋の筋トレと正しい食事管理がバレリーナの引き締まった体系を作るバレリーナになりたい人の食事と正しい筋肉作りダイエットバレエの発表会やコンクールの数か月前から食事制限をしていると、バレエの練習でも痩せている自分の姿をみてレオタードが似合ったり、衣装が似合ったりと、自分の姿を見つめなおすことってありますよね。バレエダンサーになっても常にボディチェックとダイエットは切れない関係です。だからこそ正しい...

 
 

現在は海外のバレエ団で欧米諸国のバレリーナたちの正しい食事療法をまじかで見て感じてきて日本に帰ってきて生徒にバレエを教えたり、バレエ関係の大学や専門学校でバレエに関する栄養学も当然学ぶので、正しい食事療法を知っている人が増えています。そういう新しい世代のバレエ関係者が生徒にバレエを教えると、正しい判断で太っているから痩せたほうがいいと助言したり、正しく痩せるためにどうしたらいいのか生徒といっしょに...

 
 

バレエでダイエット中でも、時にはデザートやお菓子、甘いものを食べたくなる。そんな時はどうしたらいいのか?バレエ学校で教わったテキストをひっくり返し、ダイエット中でも食べても太らない、カロリーが消費されやすいデザートを調べ直してみました。ダイエット中でも食べていいデザートや甘い食材フルーツ(ダイエット中に食べていい時間帯はあります。なるたけ夜は糖類をさけること)砂糖を使った料理:ドラッグストアやスー...

 
 

バレリーナのように美しくて細い体型になりたい人や、一般の人でもちょっと太ってきたからおあんかやお尻、太ももを痩せたいな〜と思っている人には、「やせなきゃいけない」と切羽詰まった気持ちになりがち。でもお腹がすかないきちんとした栄養素と食事管理の元に考案されたダイエット方法を実践すれば、楽しく毎日痩せていく自分の姿を鏡で確認しなかがら実感できます。この2つのダイエット方法にはそれぞれダイエットをする期...

 
 

バレリーナのような細い体型になるには、正しい食生活をするためのダイエットと適度な筋トレで体脂肪率を下げて、体重を減らすだけでなく見た目も細くしまった体を作っていくことが必要です。それには2つのダイエット方法を推奨しています。何回かここでもお伝えしてきてますが、「フランスの某バレエ学校で考案された2週間ダイエットメニュー」、「デュカンダイエット方法」の2つです。この2つのダイエットに共通している食材...

 
 

バレエのレッスンや有酸素系の運動とともに、バレリーナのように細くて筋力のある体脂肪率さげるためにもダイエットには食事管理も必要ということはここで紹介してきました。今回はその食事制限中の野菜について言及していきます。「野菜だから太らない」という認識は一般的です。確かにそうなのですが、ここで紹介している「フランスのバレエ学校用ダイエットマニュアル」と「デュカンダイエット」には野菜についても詳しく紹介さ...

 
 

タンパク質の主な働きは筋肉や臓器や皮膚細胞の活性化、髪の毛の再生や質、血液を作るという生きていくうえで欠かせない成分の1つです。間違ったダイエットやダイエットをしてもきれいに痩せなかったり、皺が目立つようになって実年齢より老けて見られるときは「タンパク質」をしっかりととっているか、もう一度確認が必要です。ダイエットしたのに老けて見られたらり、顔や手足がカサカサでいかにもカピカピの肌なんて、せっかく...

 
 

バレエをやっていると必ずといっていいほどほとんどの人がやったことのあるダイエット。ダイエット中はやはりお粗糖で作られたデザートやスナック菓子、ケーキやチョコ他・・・・甘い誘惑は避けるべきですよ。とはいってもこんにちは「ゼロカリリー」「砂糖不使用」商品が出回っているので、そういうものなら砂糖NGダイエット中でも食べて大丈夫と思っていませんか?そもそもこの砂糖を使っていないのに甘さを出すための甘味料に...

 
 

食品のパッケージ裏をみると原材料のカロリー表示がでていますよね。これってしっかりと見たことありますか?ここで推奨している糖質制限方法として「フランスのバレエ学校用ダイエットマニュアル」と「デュカンダイエット」では特に加工食品を食べると時にこの表示をみて食べていいのもかそうでないものを見分けることになります。おおよそでいいので、食品を買うときにカロリー計算ができると何日で痩せることができる!とか、す...

 
 

ダイエット中に炭水化物(主に主食)は食べると太るという人が多いんですが・・。確かに主食にバカバカとご飯を何杯も食べたり、パンを何枚も食べると太ります!でも主食は絶対に取らないと体が健康に保てません! ダイエットしても体力がなくなったり、気力がなくなったりしたらバレエや勉強、仕事・趣味にも集中して打ち込めないですよ。それに女性は便秘になりがち。毎日便意に悩んだり、おなかだけポッコリで動きにくかったり...

 
 

ダイエット中にある一定の体重が痩せたときに、何をしても痩せてくれない時期ってありますよね。またダイエットに成功した後、食事管理が甘くなって自分の好きな食べ物を食べてリバウンドしちゃったり・・。この現象ってよくありますよね。どうしてこのような現象がおきるのか知ってますか?正しいダイエット(食事管理)をしているときに体の中で起こっていることダイエット中は少ない管理されたカロリーで食生活をすることになる...

 
 

理想の体型にやせるにはただ体重を落とすだけではNGで、体脂肪も一定の目標値まで下げることが必要ということはこのサイトで伝えてきてます。具体的にどのようにすれば総合的に体脂肪率も下がり、体重も減るのか?まず考えるのは食事管理。フランスのバレ学校用の2週間サイクルダイエット方法やデュカンダイエットでも食事管理が基本。↑これをすればカロリー計算もされているので体重は必ず減ります。体脂肪率もある一定の値ま...