バレエをやると足が細くなるのはウソかホント?

こどもにバレエを習わせてきれいなスタイルのいい体型になってほしいと思う親もいらっしゃいます。
また日本のバレエ団で、特にひざ上から太もものラインは新国立劇場のバレリーナのように細長い体型であると美しいバレリーナ体型とされていますよね。

 

でも現実はそういう人たちばかりではないですよね。

 

バレエ教室で特に目立って足が細長い生徒さんは多くても数える程度。

 

牧さんのAMスチューデンツや新国立劇場のバレエ研修所は、特に見た目重視。

 

テクニック云々の前に、見た目がバレリーナ体型かどうかで合格するかしないかが決まってしまう。
それほどまだまだバレリーナ体型のジュアたちは全体のバレエ人口と比較すると少ないんです。

 

小学生ではまだそれほど見た目の細さに差はないようにみえますが、中高生でバレエを続けているとレッスンの方法や食べているものによって筋肉の付き方やつく場所が違ってきてしまいます。
それで、お教室によって太ももががっちりした生徒がいるところと、細長い足が多い生徒さんのお教室に分かれます。

 

いったいこの差って何が違うのでしょうか?

 


生まれ持った体型、筋肉の質がバレエで足が太いか細いかがある程度決まってしまう現実

まずバレエをやるうえでしっておいてほしいこと。
バレエをやるから太ももが多くの欧米人のプロのバレリーナのように細長くスタイルいいラインにはならないという事実があります。

 

プロのバレリーナになれる人はもともと生まれつきバレエ体型に生まれついている人が偶然?バレエをやっていてプロのダンサーになったという人たちです。
やはり体型に関しては最初から恵まれたスタイルをもって生まれた人がバレリーナになるという事実は変えられないんですよね。

 

それでも、バレエのために必要な筋力トレーニングしたり、バレエのレッスンで頭を使いながら足を動かすときに意識する筋肉の箇所を変えることを繰り返していけば多少太ももは細くなります。
必要でないガッチリとした筋肉は

 

意識すること、実践することの繰り返しです。

 

そしてもう一つ大切なポイントは、バレエをやるときに筋肉に必要以上に力を加えないで踊る癖をつけること。

 

筋肉がガチガチになってレッスンしているようだと常筋肉が緊張している状態で、固くかたまってしまいがちです。=よけいにガッチリ太ももになってしまいます。足も力でしか上がらなくなってしまうし、上がる角度も必要以上に力をいれて固めてしまっているから足もあがらない。

 

 

まだ日本には先生自身がプロのバレリーナでなく、素人でお教室を開いてまた生徒さんにバレエを教えていたり、正しいバレエの教え方や足の使い方を解剖学等で学んでいない素人の先生が教えているバレエ教室の生徒さんたちは、片足でバランスとったり、ポアントで立つときや、脚をバットマンで高く上げる、デベロッペで四頭筋を使って無理に足の高さをキープしたり。

 

そういうアマチュアのバレエ教室で教わっている生徒さんたちの体型をみると子供でも大人でも、やはり太ももががっちりついていることが多いです。

 

いわゆる「根性バレエ」(笑)といわれている昔の日本の教え方です。


 

バレエ教室を見学するときは、先生がどのような教え方をしているか?ってすぐに見分けるコツは先生の体型とそこに通っている生徒さん(子どもも大人も)の体型をみるとよくわかります。


素人のバレエ教師の「根性バレエ」は太ももを太くする!太ももを細くするために必要なこと

もし太ももを痩せたければ極力足に力を入れすぎないでレッスンすること。

 

私も個人敵にピラティスやバレエで必要な体幹を鍛えるためのトレーニングの先生に出会うまで、気が付くとふくらはぎやお尻に力をいれていることが多かったんです。
でもそういうことってレッスンをしていると無意識に力を入れてレッスンする癖がついちゃってました。

 

結果、今より無駄なガチガチ筋肉が特にひざ上から太ももに感じて、いつももっと細くなりたいというのが願いでありコンプレックスでした。

 

要は新国立劇場のバレエダンサーのように細長い太ももになりたければ、「無駄な力を抜くこと」です。

 

究極の例はケガや病気で一定の期間病院に入院すると足は細くなりますよね。
無駄な筋肉がとれるからです。

 

それにはいろいろ方法が考えられます。
1つずつ自分の体にあった方法をみつけることがスタイルのいい太もものラインになる近道です。

 

  • バレエのための気孔で体をゆるませることを覚えて癖づける
  • バレエに必要な体幹をピラティスやパーソナルトレーナーのもと筋トレで鍛える
  • 食事で弾力性の筋肉を保つための食材を選ぶ

 

バレエのレッスンと、体幹を鍛えて体を緩めるコツを学ぶのと同時に、デュカンダイエットやバレエ学校のダイエットマニュアルで糖質制限ダイエットで弾力性のあるやわらかい筋肉に改善していくことで太ももの太さやラインを改善できることは確かです。



関連ページ

バレリーナには食事制限とデッドリフト筋トレも必要
バレリーナはただ細く痩せている体を保っているだけではありません。食事やその他にもインナーマッスルを鍛えることによって見た目も太ももやふくらはぎに必要以上にボコっとした見た目も汚い筋肉がつくことを最小限に抑えることができます。
バレリーナのように見た目も痩せるには「この」筋肉も必要!
太った体型のバレリーナってみたことないですよね。見た目が常に痩せていないといけない職業。どうやったら結婚的にバレリーナのように痩せて見えるスレンダーなモデル体型を維持していられるのか、ここでその理由を明かします。
バレリーナのように細く痩せたいならば基本、内部筋肉を鍛えるだけ!
バレエで痩せたいと思ったら、レッスンと同時にやると痩せやすい方法があります。それはインナーマッスル=内部筋肉を筋トレで鍛えることです。継続することで体感が鍛えられ、バレエの上達にもつながるし、体脂肪が減るのでダイエット効果にもなります。
無資格の筋トレパーソナルトレーナーほど怖いものはない
全国展開しているジムやヨガでも、しっかりとバレエのことを知っているパーソナルトレーナがどれだけいるでしょうか?バレエで必要な細く強い筋肉をつけるには普通の筋トレのジムに通ってもダメなんです。その驚愕の事実と正しい情報をお伝えします。
ししゃもふくらはぎと太腿のムダな肉をとってバレエ上達につなげよう
ふくらはぎが発達しすぎでバレエのレッスンで子持ちシシャモのふくらはぎが気になったり、太ももの外側の筋肉がボコっとするのが目立ってきたリして恥ずかしいと思ったことはありませんか?遺伝でもバレエのせいでもなく、自分の弱い箇所を筋トレすれば改善できますよ!
すぐに脂肪を落とす筋肉をゆるめる筋肉トレーニングとイメージトレーング
バレエで上達したように思わせる方法の1つに、痩せた体になることも挙げられます。速攻お腹や太ももの脂肪を落とすにはどうすればいいのか?体脂肪を落として筋力アップするのではなく固まったカチカチの筋肉をゆるめればすぐに2〜3cmだったら痩せる方法の情報を載せています。
バーベルスクワットで体幹と引き締めで見た目もバレリーナ体型維持
バレエに必要なカラダをつくるためのトレーニングは何もバレエのレッスンだけではありません。日本だと子供の時からバレエのお教室でバレエのレッスンを朝から晩までお稽古をすることでバレリーナに必要な体が作られると思われがちですが、実際はバレエに必用な細くて強い筋肉を鍛えるにはバーベルスクワットを取り入れた体幹メニューが必要です。
ししゃもふくらはぎと太もも外側のボコッとした筋肉の改善方法
バレエでふくらはぎを全く使わないで踊る事は不可能です。通常以上の力を加えてふくらはぎに力をためてルルベアップする練習をしていると当然ふくらはぎが子持ちししゃものようになります。太ももが異常に太いのも遣い過ぎが原因。脚が太くなる原因と改善方法をお伝えします。
お腹がすかない、リバウンドなしのバレリーナの食事制限ダイエット方法
バレリーナは美脚で細い足でスタイル抜群のダンサーをイメージしますよね。バレエを習えばモデルのような理想のバレエ体系になるのではなく、バレエをやる人でも食事制限はつきものです。ここではリバウンドがなく健康的で美しいバレエ体型にやせるダイエット方法を2つ紹介します。
バレリーナの理想体重の認識とバレリーナ体型になる食事療法の共通点
バレリーナは痩せていなければいけないとか、細い体にならなければとか、無茶に痩せることだけに注意がいきがち。そのために拒食症になる人も少なくないのが現実。バレエをやるための理想体重の正しい定義とバレリーナ体型になるためのつらくない食事療法の共通点をまとめました。
バレエダンサーのような細い体型になりたい時に食生活で注意する食べ物
フランスの某コンセルヴァトワール専属の管理栄養士が作成したバレリーナのための2週間ダイエットマニュアルやデュカンダイエットのマニュアルに共通する糖質制限をすると、日本の加工食品が太る体を作るという事実がわかりました。
バレリーナ体型になる食事ダイエット方法2つとと糖質制限の量の比較
バレリーナのように細くて強い筋力を維持しながら美しく痩せるために糖質制限のダイエット方法を2つ紹介していきます。バレリーナが工夫しているのは食事だけではなく、やせる食材を理解して毎日の食事に取り入れています。そのポイントをとり入れてスリムな体型に一歩近づこう!
痩せているバレリーナの小尻を目指すためのカンタンなトレーニング
細いバレリーナ体型はお尻もヒップアップされていて、しかも小尻で美しいですよね。レオタードからはみ出さないキュっと上がったお尻だと足長にも見え、その分細く見える効果もあります。こういう小さいお尻は自宅でヒップアップの簡単なトレーニングするだけでかなり効果があります。
体脂肪を減らして美しく細くバレリーナ体型になるには運動が必須
バレエをやるうえでも、バレリーナのように細い体になりたい場合、ダイエットして体重をやせるだけでなく体脂肪率を減らしていけば見た目もスラットした体型にリメイク成功につながります。体脂肪率を下げてダエイットも成功させる情報について更新中です。
バレエで痩せるには筋トレと糖質制限ダイエットの両方の実践が大切
バレエダンサーは痩せるためにそして強い動きにも適応できる筋肉を維持するために筋トレをしっかり行っています。そのために見た目も細く締まった体型になれるのです。ダイエットにも痩せるためにも筋トレで体脂肪率をさげて理想体型に近づくための情報です。
糖質制限が必要な理由とバレエや有酸素系の運動に適している理由
しなやかで力強く筋肉で見た目も細くて美しいトップバレエダンサーの肉体を支えているのは糖質制限をしたダイエットが有酸素系の運動に適しているからです。その理由と正しい糖質制限ダイエットについてまとめました。
バレエで必要なダイエットには筋トレが欠かせない理由
筋トレは足を太く短くするのは都市伝説です。バレエで美しい細長くみえる足を手に入れるために必要なことは正しいダイエットと食事管理にプラスして長短時間の筋トレでインナーマッスル(腸腰筋)を鍛えるのも必要な理由。
バレエで痩せている人の理想の体脂肪率は意外と高かった?!
ダイエットでバレエを始めた人もバレエで痩せることが必要な人もただやみくもにダイエットするのでなく、食事管理による体脂肪率を落としていくことでバレリーナのように細くて筋力のある体つきになれます。どのくらいまで体脂肪率を落とせばいいのかをまとめています。
きれいなバレエの筋肉をつけて減量を成功する方法は誰が教えてくれるか?
バレエをやっている人はプロ・アマを問わずやはり美しいスリムな体型になりたいと思うもの。バレエをやる前に痩せやすい体つくりをしてレッスンで直接必要な筋肉を動かしてしまったスリムな体になるためにはどの情報が正しいのか見極めることが必要。
脂肪の計算式、カロリーの計算式って知ってますか?
バレエのレッスンと太ももの筋肉の発達の関係
バレエ太ももインナーマッスル