太ももが太りにくい食材とカロリーが低くてもダイエットは注意する食材に注目しよう!

ダイエットをしていても体重が選らなかったり、痩せてほしい体のパーツがなんとなくまだぽちゃぽちゃしていてしまりがないって感じるときはありませんか?

 

私自身、X脚の体型なので割と太ももががっしりとしていてなかなかスレンダーになってくれない。
筋肉質なふとももに見えてしまうんですよね。

 

それでもバレエの舞台があるときは痩せて見えることも必要ですからね。そういう時にどうするか?

 

特に私自身、X脚なので、まっすぐの足つきのバレリーナの人に比べると太ももがやはり発達しているんですよね。
骨格の問題は仕方ないですが、やはりぽっちゃりと目立ってしまうひざ上から太ももやお尻の下にかけての脂肪はできるだけ落としたいなって普段から考えています。

 

レッスンの時もレオタードにスカートつけて黒タイツでもピンクタイツでもほっそりしていたほうが、似合いますからね^^。

 

やはりぽちゃぽちゃと見えてしまう体質なので、ダイエット中もそうでない普段からもお砂糖の取る量と油をとる量、タンパク質を取る量に注目してます。

 

↑デュカンダイエットでも、フランスの某バレエ学校の2週間ダイエットメニューや他の糖質制限ダイエットでも共通しているのが、糖質をかなり多く含んだ次の食物や食材を控えるということが書かれています。

 

私は基本的にバレエ学校の栄養士さんに教わった2週間ダイエットメニューを約1か月半(=2週間ダイエットメニューを中休み1週間をいれて2回繰り返す)すれば基本的に太ももからおしり、お腹周りと背中のぜい肉がとれるし、顎の横からこめかみにかけてほっそりとするので小顔に見える効果もでてくるので、っ部隊があるときには必ず実施します。

 

 


ダイエットに適していると思われていた食材にも糖質を豊富に含む食材の紹介

糖質を含むヘルシーと思われがちな食材

 

@ 加工食品

 

はんぺん 100g 糖質11.4g 94kcal
かまぼこ 200g(1本) 糖質19.4g 190kcal
焼き竹輪 100g(1本) 糖質13.5g 121kcal

 

これらの加工食品は安いし、見た目もカロリー少なさそうでヘルシ−に思われている日本独特の加工食品。
そして原材料は:白身魚のすり身で、熱を加えてくられた加工食品。

 

メリット:筋肉を作るために必要な魚のタンパク質が取れ、低脂肪な食品
デメリット:糖質が多いので食べ過ぎには注意が必要。

 

 

A野菜

 

トマト 170g(1個) 糖質6.3g 32kcal
ごぼう 170g(1本) 糖質16.5g 111kcal
にんじん 150g(1本) 糖質9.5g 54kcal
れんこん 20g(2切れ) 糖質2.7g 13kcal

 

根菜類はわりと糖質が高い食材なので野菜と言っても食べすぎは控えましょう。
トマトが結構糖質が多い野菜とは意外です。食べすぎなければいいです。

 

フランスのバレエ学校の2習慣ダイエットメニューではトマトを食べるのは禁止されていないので、デュカンダイエットよりゆるやかなダイエット方法です。

 

 

B豆類加工食品

 

はるさめ 15g 糖質12.8g 53kcal
調整豆乳 200g 糖質9g 128kcal

 

はるさめをごはんの代わりに食べたり、サラダに入れたりと食事のメニューも豊富です。
おなかもいっぱいになるのでヘルシーなダイエット食材と思われがちですが、糖質制限には向いていない食材ということがわかります。

 

その理由は、はるさめ自体でんぷん質を多く含む食材のため、糖質が多いからです。
お豆腐等、大豆以外の豆を材料としている豆類加工食品は、糖質が多いので注意が必要ですね。

 

 

C肉・魚・魚介類

 

サンマや鶏肉などは魚や肉そのものい含まれている糖質はごくわずかなので、ダイエット食品にも良質な筋肉を作り上げるにも欠かせない食物です。
調理方法次第では油やお砂糖をふんだんに使ってしまうこともあるので、調理する際は素材をそのまま焼く方法がおすすめです。

 

特にフライパンに油をひいてお肉を焼くことはダイエット中は避けたいですね。
煮たり、テフロン加工のフライパンで焼いたり、オーブンで焼くとヘルシーで素材の味も楽しめます。

 

調味料も、塩コショウ、ハーブ類等をふんだんに使って油やお砂糖、みりんがなくてもおいしい料理が作れますよ!

 

 

D果物

糖質量が多い、バナナやりんごのような甘い果物は食べる量と食べる時間に注意が必要です。
朝やお昼は食べても大丈夫です。

 

夜ご飯食べた後のデザートして食べるのはダイエット中は控えたほうが無難です
どうしても甘みがあるものを食べてほっとしたいときは、グレープフルーツやかんきつ類がおすすめです。

 

また人工甘味料をつかったカロリー控えめで糖質も十分控えたカロリーゼロのゼリー等を食べるのもおなかがいっぱいになるので、ダイエット中はお勧めです。

 

E海藻類

わかめ、こぶ、味付け海苔以外の「のり」、ひじきなどの海藻類はミネラルが豊富!
ダイエット中でもこれらの食品をふんだんに食べることで、便秘も改善されるので積極的に摂りいれることが望ましいです。

 

またカロリー自体も0に近いので、ダイエット中は嬉しい食物です。

 

 

 

E.調味料・油脂・酒類

 

辛口醤油や味噌などの調理料は糖質が少なめなので少量であれば味付けに使用しても問題ないです。

 

オリーブオイル、グレープシードルなどの油脂は、良質の油で糖質が少量なのでこれも大さじスプーンに1杯程度ならデュカンダイエットでは使用してもOKということになってます。

 

ただい、フランスのバレエ学校の2週間ダイエットメニューでは、ダイエット中の2週間は油を一切加えないで、食材そのものに含まれる油だけを体内で摂るダイエット方法なので、どちらのダイエット方法を選択するかによって、油の使用料は変わります。

 

どうでしょうか?
ダイエット中に毎日の食事で注意する食材について特に記載しました。

 

これで少しでも自分が描くような体型を目指して、ダイエット中も食べることも楽しんでくださいね!


関連ページ

行き過ぎたバレエ関係者の自己流ダイエットの怖さや弊害実例
成長期や中高生でバレエやモデル、新体操やフィギャアスケート等、痩せていることが当然の習い事をしている人はダイエットで拒食症や摂食障害で日常生活もできないくらいひどい状態になってしまうこともあります。実際にあったダイエットの弊害を実例でお伝えします。
フランス人の友人のバレリーナはバレエのレッスン中も美食家
フランスのバレエ学校時代やコンテンポラリダンスのカンパニーにいた時、ほんとフランス人のバレリーナたちの食べるものと量には驚きました。ダイエットはしてるのかな?って疑うほどよく食べる。でも見た目はデブじゃない。何が違うのか検証しています。
海外のバレリーナはバレエ団でも燃焼しやすい体作りを心掛けている事実
海外のバレリーナが痩せているいる理由。海外のバレエ団は職業としてのバレエダンサーの質を求められるので、ただか細い体だけではだめ。逆に拒食症を疑われて病気の人は入団できないといわれてしまうこともあります。海外のバレエ団でバレリーナがやっている燃焼しやすい体作りとは?
食事でカロリーを抑えながらバレリーナ体型を維持するための秘訣(実話)
バレエ関係者や(元)バレリーナの人たちから聞きました!バレリーナの細い体型を維持するために実際に試して痩せる効果のあった、又は見た目もスリムのままリバウンドすることなくダイエットに成功した食事方法の口コミを紹介しています。
バレエに必用な海外のバレエ学校の食事療法本(ダイエット)の情報と紹介
バレリーナのように細い体型になりたい人やバレリーナを目指す人にとってバレエ食や食事メニューは大切です。独自にバレエ留学したフランスのバレエ学校の栄養士監修のバレエのための食事本を紹介します。
どうしても食べたい成長期と我慢のダイエットは身長が伸びない原因にも
バレエをやっているけど、太りやすい成長期の中高生のダイエットは正しいやり方を知っていないと身長が伸びなく、固太りの原因や思ったように痩せない体質になってしまうので、注意が必要です。特にバレリーナ体型になりたいと願うほど、必要な栄養素は成長期こそ取らなければダメ!
筋トレは足を太く短くする? 美しい足になるために鍛えるのはバレエ筋
バレエが上達する方法はさまざまで時間のかかることで何年もかかることですが、その上達方法を早めるサイドのエクササイズも必要です。筋トレはバレエに必用な細くて筋力のある強い体作りをすることによってピルエットの軸が安定したり、足を高くあげることもできるようになります。
バレエのために痩せたのに皺が増えてしまった理由と解消方法
バレエに役立つ筋トレで筋力ツケナガラ痩せることができるのでバレエダンサーは筋トレが必要。プロだけでなく趣味でバレエを習っている人も筋肉を鍛えることによって体が引き締まり痩せて見えるし、バレエで身体をコントロールでき安定した踊りができる上達への近道になります。
骨盤調整でゆがみを治しバレエでもっと足長に見せる方法
骨盤矯正をすることによってゆがみが治り、結果足長効果も発揮します。また日常生活で歪んだ骨盤を正しい位置に強制することで脂肪の蓄積を防ぐダイエット効果が期待できます。バレエで自分の体型にももっと自信がもてまよA!
バレエでふくらはぎや太ももが筋肉痛になるのは正しいこと?
毎日のようにバレエのレッスンしていると、筋肉痛がひどくなってしまうのでレッスンができない時ありますよね。バレエで筋肉痛がおきてふくらはぎや太ももがパンパンになるんだけど、スリムなバレリーナラインになりたいのに本当に大丈夫なのか?こんな不安を解消する情報です。
バレエで足が太い?ボコっとした太ももの筋肉の原因は何?
バレリーナをやっていても足が太い、太ももが太いこと、下半身太りに悩んでいる人は多いです。バレエといえば体が細くなり痩せるという印象があるのですが、バレエをやっているのに特に太ももが太くなる原因って知ってますか?
バレエで大切な内ももの筋肉の鍛え方の都市伝説
バレエで太ももが太くなる原因の一つ太腿のに外側の筋肉をつかっていることが言われています。確かに間違ってはいないのですが、解決方法として内側の筋肉を使うように注意されますよね。でも太ももを意識している限り100%太もも外側の筋肉も遣ってしまいます。どうやったら太腿外側の筋肉を最小限に使えるか?
実録「バレエ学校用ダイエット」でバレリーナのように痩せる方法
バレリーナは細長い退役を維持するためにダイエットに対する意識がかなり高いです。無理なダイエットは健康を害してしまうので、ここではフランスのバレエ学校用のダイエット方法を実践した結果を詳細に情報公開しています。健康を保ちながら理想の身体を目指しましょう!
バレリーナのように細い体型にやせるための「デュカンダイエット」実録
バレリーナのように痩せたい人は健康的に痩せるために糖質制限に注目した「デュカンダイエット」をお勧めします。バレエや有酸素系の運動をやりながら痩せて美しくなった最終ゴールの細くて美しい自分の姿をボディメイクしながら痩せる方法を更新しています。
バレリーナの理想体重になっても美しい細い体型にはならない理由
バリーナの理想体重とされている体重に痩せてもバレリーナのように細い体型にはなりません。その原因がわかればやみくもにダイエットすることなく、正しい食事療法で美しい理想的な体作りを成功できます。
バレエのためにダイエットをしてるのに痩せない!原因を医学的に解明
バレエで痩せたいと思っている人もそれだけでは痩せにくいです。ダエイットは食事のコントロールを間違えると体重だけ減っても見た目はぶよぶよとした脂肪が残ってしまいます。よくありがちなダイエットに失敗する原因と対策を考えています。
バレリーナも失敗した減量方法から学ぶリバウンド防止のコツ
バレリーナやバレエをやっている人はよく減量をします。いろんな減量方法を試している人をみかけますが、すぐにリバウンドしたり、太ったままだったり、痩せてほしいところが痩せなかったり。そういう失敗経験から学んだえ実践した正しいダイエットの方法についてまとめました。
バレエでダイエット終了後、ダイエットマニュアルも推奨するあるもの?
バレエのために美容のために健康のために正しい食事管理で痩せることに成功した後もきちんと正しい食事管理を続けていかないとリバウンドして元の体型に戻ったり、ダイエット始める前の体型に持ったりしちゃいます。それを防止するのに必要なものとは?
フランスのバレリーナのダイエット朝ごはんをちょっとだけ公開
バレリナーも舞台や公演が近づくとダイエットをしてより見た目も美しい体型に減量します。健康的に体力を温存できて体脂肪を減らす食事方法をすべては公開しませんが、ある朝ご飯のメニューを少し公開します。興味がある人は参考にしてみるといいですよ。
バレエで見た目美しくスリムな体型になるための「自己投資」と無料の情報
食事制限中にジャンクフードが食べたくなる!マック禁止のバレエ?
バレエ教室によってはジャンクフード禁止ルールやマックで食べること自体禁止するお教室もあるけど。それってバレエで痩せる前に、毎日の食事制限で頭をもたげてしまって余計にストレスにヒトは感じてしまいます。それがメンタル的要素も痩せにくい体質を作ってしまうって作用知ってますか?
痩せるためには食べる量を極端に減らさない 1ヶ月でダイエットしたい人は必見!失敗しない短期痩せ!中学生でも出来る1ヶ月ダイエットメニュー
1ヶ月でダイエットしたい人は必見!-10kg・-8kg・-5kg・-2〜3kgと目標別に、中学生でも無理なく出来る短期間ダイエット方法をご紹介します。これで理想の体重に一気に近づけましょう!
1か月でおなかのたるみを無くさなければ!