バレエのレッスン後に筋肉痛で体のあちこちが痛い?正しい筋肉を使って脂肪を燃焼させているのだろうか?

1週間以上休んだ後とか、夏休みやお正月後とか、バレエのレッスンやった次の日に体のどこかで筋肉痛になっていることってありますよね。

 

私なんて2,3日休んだだけでもレッスンで思いっきりやりすぎると体中が痛い・・・
特にバレーシューズでルルベが弱いので、ふくらはぎがすっごくパンパンになってしまいます。

 

都市伝説だと筋肉痛は動けば治るということだけど、それって体にとって正しいことなのでしょうか?
体にもしかして負荷をかけているから注意しなさいって言っているサインなのか?

 

痛くなる箇所がふくらはぎなので、筋肉がパンパンになって子持ちししゃもにならないか心配でした。

 

 

筋肉痛が起こる理由:

 

通っている整形外科の医者に聞くと、医学的には筋肉痛の原因はまだ断定して解明されていない、とのこと。

運動で傷ついた筋線維を修復しようとするときに炎症が起こり、そのときに生産される物質が関係している
とするという説明がされているということです。

 

簡単にいうと、筋肉の使いすぎで炎症がおきているということが原因ですね。
バレエのレッスン中に筋肉の弱い箇所を使いすぎて結果炎症がおきてしまう、ということが考えられます。

 

(個人的に私はルルベが弱いので、その分ふくらはぎで立とうとカバーしようとして必要以上の力がかかり、結果炎症がおきてしまい痛くなる。上半身を引き上げる筋力がまだ足りないということになる・・・。)

 

さておき、筋肉痛がおきるということは元々弱い箇所の筋肉をカバーするために他の箇所の筋肉を余計にハード使いすぎてしまうので、これが太ももも外側だったり、ふくらはぎだったり、膝のお皿だったり、肩だったりetc,,,

 

そういうことが続くと、例えば太ももが硬くムキムキになってしまう筋肉の使い方をしているということになってしまうんので、筋肉痛=炎症を小限に抑えたり、予防することもバレエラインを作っていくうえで大切になってきます。

 

そこで登場するのがプロテインを飲むことをお勧めします。
この考えはバレエのパーソナルトレーナにお勧めされたことでもあり、運動前にプロテインを飲み筋力を事前にアップさせておくことが重要です。


バレエのレッスン前にプロテインを飲むことでバレリーナのような手足が細長い筋肉をつくっていこう!

バレリーナだとプロテインを飲むことでスポーツ選手のようにムキムキのボコっとした筋肉がつきそう、とイメージする人もいますが、スポーツ選手とは運動量も違うし、使う筋肉も違います。だから心配はいりません。

 

むしろプロテインを補給しておくことで、体内で脂肪がより燃焼されやすくなります
つまり脂肪が燃焼する=筋肉が増える=体が見た目今以上に締まるという現象がおきます。

 

わずかな差ですが、筋肉がつくとなぜ見た目スレンダーでバレリーナ体型に近づくか?
これは脂肪の大きさと筋肉の大きさに注目するとカンタンに理解できます。

 

 

脂肪の大きさ>>>筋肉の大きさ

(参考:タニタの健康応援ネットより抜粋)

 

もう少し分かりやすく説明すると、

 

同じ重さの脂肪と筋肉では「筋肉は体積が小さく脂肪は体積が大きい」
ということが分かっています。

 

つまり手足が細長いけど、筋力が強くフェッテとかもガンガン回っちゃうバレリーナの人たちは、脂肪より筋肉量が多いから筋肉痛にもないにくいし、見た目もほっそりとしているということになります。

 

だから、筋肉痛になるうよな余計な筋肉を発達させないためにも、また細くて筋力アップさせる体つくりのためにも、プロテインでバレエのレッスンや筋力トレーニングに備える体つくりを事前にしておいたほうが結果的にスリムな見た目になるということになります。

 

単にバレエのレッスンをして運動量が増えても痩せない、という人はここに落とし穴があるわけです。

 

ただバレエのレッスンを増やしても、もともと適切な量のタンパク質が体にないので、ハードなレッスンについていける筋力がついていない。だから筋肉痛がおきる。
だから筋力を補うために事前にプロテイン=タンパク質を食事やサプリメントで補給することが痩せる、引き締まった体を作るうえでも重要になってきます。
【B.B.B HMB & CREATINE48000】

 



関連ページ

行き過ぎたバレエ関係者の自己流ダイエットの怖さや弊害実例
成長期や中高生でバレエやモデル、新体操やフィギャアスケート等、痩せていることが当然の習い事をしている人はダイエットで拒食症や摂食障害で日常生活もできないくらいひどい状態になってしまうこともあります。実際にあったダイエットの弊害を実例でお伝えします。
フランス人の友人のバレリーナはバレエのレッスン中も美食家
フランスのバレエ学校時代やコンテンポラリダンスのカンパニーにいた時、ほんとフランス人のバレリーナたちの食べるものと量には驚きました。ダイエットはしてるのかな?って疑うほどよく食べる。でも見た目はデブじゃない。何が違うのか検証しています。
海外のバレリーナはバレエ団でも燃焼しやすい体作りを心掛けている事実
海外のバレリーナが痩せているいる理由。海外のバレエ団は職業としてのバレエダンサーの質を求められるので、ただか細い体だけではだめ。逆に拒食症を疑われて病気の人は入団できないといわれてしまうこともあります。海外のバレエ団でバレリーナがやっている燃焼しやすい体作りとは?
食事でカロリーを抑えながらバレリーナ体型を維持するための秘訣(実話)
バレエ関係者や(元)バレリーナの人たちから聞きました!バレリーナの細い体型を維持するために実際に試して痩せる効果のあった、又は見た目もスリムのままリバウンドすることなくダイエットに成功した食事方法の口コミを紹介しています。
バレエに必用な海外のバレエ学校の食事療法本(ダイエット)の情報と紹介
バレリーナのように細い体型になりたい人やバレリーナを目指す人にとってバレエ食や食事メニューは大切です。独自にバレエ留学したフランスのバレエ学校の栄養士監修のバレエのための食事本を紹介します。
どうしても食べたい成長期と我慢のダイエットは身長が伸びない原因にも
バレエをやっているけど、太りやすい成長期の中高生のダイエットは正しいやり方を知っていないと身長が伸びなく、固太りの原因や思ったように痩せない体質になってしまうので、注意が必要です。特にバレリーナ体型になりたいと願うほど、必要な栄養素は成長期こそ取らなければダメ!
筋トレは足を太く短くする? 美しい足になるために鍛えるのはバレエ筋
バレエが上達する方法はさまざまで時間のかかることで何年もかかることですが、その上達方法を早めるサイドのエクササイズも必要です。筋トレはバレエに必用な細くて筋力のある強い体作りをすることによってピルエットの軸が安定したり、足を高くあげることもできるようになります。
バレエのために痩せたのに皺が増えてしまった理由と解消方法
バレエに役立つ筋トレで筋力ツケナガラ痩せることができるのでバレエダンサーは筋トレが必要。プロだけでなく趣味でバレエを習っている人も筋肉を鍛えることによって体が引き締まり痩せて見えるし、バレエで身体をコントロールでき安定した踊りができる上達への近道になります。
骨盤調整でゆがみを治しバレエでもっと足長に見せる方法
骨盤矯正をすることによってゆがみが治り、結果足長効果も発揮します。また日常生活で歪んだ骨盤を正しい位置に強制することで脂肪の蓄積を防ぐダイエット効果が期待できます。バレエで自分の体型にももっと自信がもてまよA!
バレエで足が太い?ボコっとした太ももの筋肉の原因は何?
バレリーナをやっていても足が太い、太ももが太いこと、下半身太りに悩んでいる人は多いです。バレエといえば体が細くなり痩せるという印象があるのですが、バレエをやっているのに特に太ももが太くなる原因って知ってますか?
バレエで大切な内ももの筋肉の鍛え方の都市伝説
バレエで太ももが太くなる原因の一つ太腿のに外側の筋肉をつかっていることが言われています。確かに間違ってはいないのですが、解決方法として内側の筋肉を使うように注意されますよね。でも太ももを意識している限り100%太もも外側の筋肉も遣ってしまいます。どうやったら太腿外側の筋肉を最小限に使えるか?
実録「バレエ学校用ダイエット」でバレリーナのように痩せる方法
バレリーナは細長い退役を維持するためにダイエットに対する意識がかなり高いです。無理なダイエットは健康を害してしまうので、ここではフランスのバレエ学校用のダイエット方法を実践した結果を詳細に情報公開しています。健康を保ちながら理想の身体を目指しましょう!
バレリーナのように細い体型にやせるための「デュカンダイエット」実録
バレリーナのように痩せたい人は健康的に痩せるために糖質制限に注目した「デュカンダイエット」をお勧めします。バレエや有酸素系の運動をやりながら痩せて美しくなった最終ゴールの細くて美しい自分の姿をボディメイクしながら痩せる方法を更新しています。
バレリーナの理想体重になっても美しい細い体型にはならない理由
バリーナの理想体重とされている体重に痩せてもバレリーナのように細い体型にはなりません。その原因がわかればやみくもにダイエットすることなく、正しい食事療法で美しい理想的な体作りを成功できます。
バレエのためにダイエットをしてるのに痩せない!原因を医学的に解明
バレエで痩せたいと思っている人もそれだけでは痩せにくいです。ダエイットは食事のコントロールを間違えると体重だけ減っても見た目はぶよぶよとした脂肪が残ってしまいます。よくありがちなダイエットに失敗する原因と対策を考えています。
バレリーナも失敗した減量方法から学ぶリバウンド防止のコツ
バレリーナやバレエをやっている人はよく減量をします。いろんな減量方法を試している人をみかけますが、すぐにリバウンドしたり、太ったままだったり、痩せてほしいところが痩せなかったり。そういう失敗経験から学んだえ実践した正しいダイエットの方法についてまとめました。
バレエでダイエット終了後、ダイエットマニュアルも推奨するあるもの?
バレエのために美容のために健康のために正しい食事管理で痩せることに成功した後もきちんと正しい食事管理を続けていかないとリバウンドして元の体型に戻ったり、ダイエット始める前の体型に持ったりしちゃいます。それを防止するのに必要なものとは?
フランスのバレリーナのダイエット朝ごはんをちょっとだけ公開
バレリナーも舞台や公演が近づくとダイエットをしてより見た目も美しい体型に減量します。健康的に体力を温存できて体脂肪を減らす食事方法をすべては公開しませんが、ある朝ご飯のメニューを少し公開します。興味がある人は参考にしてみるといいですよ。
バレエで見た目美しくスリムな体型になるための「自己投資」と無料の情報
食事制限中にジャンクフードが食べたくなる!マック禁止のバレエ?
バレエ教室によってはジャンクフード禁止ルールやマックで食べること自体禁止するお教室もあるけど。それってバレエで痩せる前に、毎日の食事制限で頭をもたげてしまって余計にストレスにヒトは感じてしまいます。それがメンタル的要素も痩せにくい体質を作ってしまうって作用知ってますか?
痩せるためには食べる量を極端に減らさない 1ヶ月でダイエットしたい人は必見!失敗しない短期痩せ!中学生でも出来る1ヶ月ダイエットメニュー
1ヶ月でダイエットしたい人は必見!-10kg・-8kg・-5kg・-2〜3kgと目標別に、中学生でも無理なく出来る短期間ダイエット方法をご紹介します。これで理想の体重に一気に近づけましょう!
痩せるために緊急処置できる食材って?
糖質制限ダイエットでしらなかったカロリーが低くても糖質が高い食材
長期間のダイエットは続かないという人におすすめな10日間ダイエットが現在注目を浴びています。でも10日間、無理な食事制限でダイエットするのはすぐにリバウンドするのでNGです!リバウンドしない食事法と、効果的な運動法を集めました。
1か月でおなかのたるみを無くさなければ!