中学生、高校生のバレリーナのダイエットはプロのトレーナーや栄養学を知っているバレエの先生が必要

中学生、高校生ともなるとバレエを習っている人は大抵本格的にバレエを習っていて、将来バレリーナになりたいと願っている生徒さんが多いです。

 

バレエのコンクールや講習会に参加するようになると、どうしても元々バレリーナ体型の細長い足の生徒さんが目立ちます。

 

今の生徒さんは体型も欧米化しつつあるので、バレエ条件(アンディオールや甲高の脚、エックス脚等)の脚でなくても、見た目がスラっとしていてモデルみたいな体系の人が増えてますよね。

 

でも全てのバレエ関係の生徒さんがこういう体型でないんですよ。
むしろバレリーナ体型だから目立つ人が増えているってこと。

 

コンクールの上位者や講習会でもそのような生徒さんが目立つってことだけ。

 

よく考えると細長いバレリーナ体型って欧米でよく見かける体型なのかな?
よく考えてみるとちょっと違いますよね。

 

むしろ欧米の大きなバレエ団では、鍛え抜かれたボディーのバレリーナやバレエダンサーが多いです。
筋肉のつき方がすごいでしょ?

 

例えばパリオペラ座のバレエ学校の生徒さんの毎年の公開公演をみると脚が細長く、筋肉もまだそれほどついていない印象がします。
バレエ学校ではそういう感じでいいのかもしれない。

 

だけどオペラ座のバレエ団のダンサーをよく見てください。
太ももなんか適度にふっくらして、どちらかというと女性らしい筋肉のつき方をしているバレエダンサーの方が多いですよ?

 

元エトワールのオレリーさん、ルテステュさんも適度に筋肉がついていて女っぽい体つきをしてますよね?

 

 

バレエカンパニーによっても求めているバレリーナの女性像というものも違ってくるし、一概に細長い体つきのバレリーナだけを求めているわけではありません
それよりもバレリーナの脚の条件を観察しているバレエ団の方が多いですね。

 

フランスのバレエ学校に留学していたので、中高生のバレエ関係者の過度なダイエットもしないように注意深く見守られいます。
(監視されているといったほうが適格。)

 

バレリーナに求められる強い筋肉と細長い脚を形成するには、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルは必須です。
成長期こそ必ず毎日の食事でとらなければいけないとバレエ学校では言われています。

 

多少は体重増加しないと身長も伸びないし、バレエに必要な筋肉も作られないので、栄養学を勉強しているバレエの先生や個人のインストラクターに定期的に食事内容をみてもらうのもお勧めです。

 

思春期のダイエットは独りでは行わないように。



関連ページ

食事制限でつらくないダイエット法でバレエももっと楽しくなる豊富尾
ダイエットを思い浮かべると大抵がつらい食事制限をしたり、おなかがすいて結局食べてしまって痩せなかった経験がある人は多いと思います。そういった辛いダイエット法は間違っています。バレエでも痩せることや食事制限も必要ですが、それだけでなく同時にあることをやることで栄養のとれた食事もしながら痩せる方法がありますよ。
痩せるとバレエが上手くなった様に脳が錯覚を起こすこと知ってますか?
バレエが上手くなりたい!もっと上達したいと思うなら、バレエ体型を手に入れるようにダイエットして痩せた体系を手に入れることも必要です。どうしてかというと、脳がバレエでは痩せた体系を必要とするバレリーナのイメージが固定観念として一般的にあるからです。
クラシックバレエだけでない、痩せすぎバレリーナは使えない
海外のバレエ団のでは「子どもの体つきのままの細すぎる子ども体型」のバレリーナはオーディションに失敗することが多い事実を知ってますか?同じ細いバレリーナ体型でもお尻も胸も丸みを帯びた女性らしい曲線もバレリーナには必要です。
バレエダイエットで最初にやること=最終ゴールの設定
バレエダイエットしても思う様に痩せないと思っていませんか?もともとバレリーナで手足が細長く肥満とは無縁な締まった体をしている人は多いです。痩せるにはやみくもにダイエットを行っても意味ないです。最終目標をどこに設定するかで痩せることに成功するか決まってきます。
バレリーナでも間違ったダイエット方法は頭を洗脳する(実例)
バレエの発表会やコンクールの数か月前から食事制限をしていると、バレエの練習でも痩せている自分の姿をみてレオタードが似合ったり、衣装が似合ったりと、自分の姿を見つめなおすことってありますよね。バレエダンサーになっても常にボディチェックとダイエットは切れない関係です。正しい食事とダイエットの効果について紹介していきます。