ダイエットしすぎのバレリーナは細すぎ・体力がなくコンテンポラリーダンスでは使い物にならない!

プロのバレエの世界では.痩せていれば美しいと思うのは時代錯誤もいいところ。

 

今時海外や日本の大きなバレエ団でクラシックバレエだけがバレエ団のレパートリーではないのをわかってますよね?
海外では特にバレエダンサーでもコンテンポラリーダンスができないとバレエ団に受からないことが多くなってきてます。

 

その中の一つの要素が痩せすぎで魅力のない女性の体と言われています。
日本ではまだ痩せていてか細くバレエができればいいという先生もバレエ団関係者もいますが、海外はもともとバレエは「大人の娯楽」の1つで、バレエダンサーも

 

子供の体のまま成長していない人はフランスのバレエ団内をみてもいなかったです。

 

それほどバレリーナの体は、それだけで観客を魅了しなくてはならないもの。
だから海外のバレリーナたちは、胸もお尻もある程度丸みを帯びた女性来フォームですよね?

 

それでいて足は長いけど、長いからこそ太ももの太さも「太い」と感じさせない。

 

 

それにコンテンポラリーダンスは、体の線が細すぎるとダイナミックさに欠けた踊りになってしまうので、なかなかいい役がつかないこともあります。
もともとコンテンポラリーダンスはまだまだ日本は世界のレベルからは遅れているので、踊れる人も限られてしまっているし。

 

振付自体は練習次第でどうにもなるけど、線が細すぎて役が来ないのは・・。
自分のダイエットの方法をもうい一度見直す必要がありますよね?

 

バレエの友人で子どもの時にいっしょのバレエ教室だった、元シュツットガルトバレエのダンサーのS.香奈子さんもいってるように、バレエを習っている生徒さんは体も個人差があります。

 

彼女もバレエ団の時には十分痩せて細い体なのに「痩せなければ」というバレリーナにありがちな間違ったマインドコントロールで、偏り過ぎた栄養不足の食事をしていたことを公表してます

 

だからこそ、バレエ教師となった今、ダイエットが必要な生徒さんには、何をしたら効果的に痩せるのか、お互両親といっしょに二人三脚でダイエットに取り組むということです。

 

未成年のダイエットには、本人だけでなくこうしたダイエットの正しい知識を勉強しているバレエの先生や栄養士、両親のサポートがあってこそ、バレリーナのように細くて筋力のしっかりとした体型になれる近道です。



関連ページ

食事制限でつらくないダイエット法でバレエももっと楽しくなる豊富尾
ダイエットを思い浮かべると大抵がつらい食事制限をしたり、おなかがすいて結局食べてしまって痩せなかった経験がある人は多いと思います。そういった辛いダイエット法は間違っています。バレエでも痩せることや食事制限も必要ですが、それだけでなく同時にあることをやることで栄養のとれた食事もしながら痩せる方法がありますよ。
痩せるとバレエが上手くなった様に脳が錯覚を起こすこと知ってますか?
バレエが上手くなりたい!もっと上達したいと思うなら、バレエ体型を手に入れるようにダイエットして痩せた体系を手に入れることも必要です。どうしてかというと、脳がバレエでは痩せた体系を必要とするバレリーナのイメージが固定観念として一般的にあるからです。
中学生のバレエダイエットは欧米のバレエ学校の栄養学を取り入れよう
日本のバレエ界では中学生や高校生のバレエを本格的にやっているバレリーナを目指している生徒のための学校がないから、正しいバレエのためのダイエット方法なんて知られていません。しらないだけでなく間違ったダイエットで健康を壊したり、バレリーナ体型に近づけない独自のダイエットをしちゃったり。バレリーナ体型になりたいなら、細長い体つきになるなめの必要な栄養素を知っておくことがポイントです。
バレエダイエットで最初にやること=最終ゴールの設定
バレエダイエットしても思う様に痩せないと思っていませんか?もともとバレリーナで手足が細長く肥満とは無縁な締まった体をしている人は多いです。痩せるにはやみくもにダイエットを行っても意味ないです。最終目標をどこに設定するかで痩せることに成功するか決まってきます。
バレリーナでも間違ったダイエット方法は頭を洗脳する(実例)
バレエの発表会やコンクールの数か月前から食事制限をしていると、バレエの練習でも痩せている自分の姿をみてレオタードが似合ったり、衣装が似合ったりと、自分の姿を見つめなおすことってありますよね。バレエダンサーになっても常にボディチェックとダイエットは切れない関係です。正しい食事とダイエットの効果について紹介していきます。