実録!細いバレリーナ体型になるための健康的な正しいダイエット方法

バレエをやっている人はもちろん、そうでない人もやはりダイエットとは日常生活から切り離せないことですよね。

 

バレエでは特に常に細くて美しいバレエラインを保ちながら、強い筋力も求められる、まさにアスリート並みの体と、モデルなみの体型が要求されます。

 

といってもおなかがすいたり、局部的に痩せてほしい箇所が痩せなかったり、炭水化物を抜いた自己流ダイエットして結果的にシワがたくさんできてしまったり、筋肉量がすくなくなって体脂肪が増えてぽちゃぽちゃする体つきになってしまったり・・。

 

自己流ダイエットにはダイエットをやめて普通の食事に戻した途端に、ダイエットする前の体重より太ってしまったり・・。

 

バレエをやっている人の中にはいろんなダイエットを試しているうち痩せづらい体になってしまったり。

 

個人的に私自身も、子供の時は発表会の前やコンクールの前に無茶なダイエットをして、拒食症寸前までなってしまったり、絶えずおなかがすいてイライラして周りの人に八つ当たりしちゃったり。
考えるとダイエットにはいろいろ悩みもトラブルも失敗もたくさんしてきました。

 

そんな失敗を繰り返しながらバレエのレッスンだけに明け暮れていた学生時代にやっと自己流ダイエットではなく、体型の美しいバレリーナのように脚やうで、おなかやお尻に無駄な脂肪がつくのを最小限に抑えて、見た目も足がほっそりするプロ監修のダイエット方法に偶然出会いました。


美しいバレリーナのように細い体型になるための正しい食事制限ダイエット方法2つ(実録)!

@バレエ学校の栄養士考案「バレリーナのための食事制限2週間ダイエットメニュー」

 

このダイエット方法の特長は何といってもフランスの国立のバレエ学校(コンセルヴァトワール)専属の栄養士さんが特別にバレリーナ用に考案してくれたダイエット方法で、健康的にかつ細くて美しい体のラインを保つために作られてたダイエット方法なので、痩せるのはもちろんのこと体のラインが綺麗に痩せます。

 

ダイエットニューも食事の献立にどの食材をとりいれるかということがシンプルに書かれていて、調理方法は各自好きな方法で料理するだけなので食事を作るのも簡単です。

 

メニュー自体は2週間分なので、2週間ダイエット→1週間の休息を繰り返すサイクルです。
いつダイエットを辞めるかは、自分で納得いくまでとなります。

 

(みっともないですが、自撮りを載せました。実際にダイエットを実践した証拠として(笑) 今の細長い痩せている元々綺麗な遺伝子をもったバレリーナの方たちには程遠いですが、左がダイエットする前の脚、右がダイエット実践後1か月半の太ももです。やはり太ももの脂肪が減り、太もものラインがほっそりしました!)

 

個人的にバレエ学校へ留学した時に実践し、今でも時々体のラインが気になったり、おなかやお尻が太ってきたら取り入れているダイエットですが、1か月半も繰り替えしてこのダイエット方法をやると2〜3キロ痩せることができます。

 

 

これを「バレエ学校用ダイエット」とします。

 

 

A日本未上陸の「デュカンダイエット」

 

また、2つ目の正しいダイエット方法には大人になってから出会いました。これはごく最近のことで、偶然にもイタリア在住の音楽関係の友人が今はプロのダイエットトレーナーになっていることで、正しいヨーロッパやアメリカでよく知られている医学的にも証明されたダイエット方法を監修しています。

 

このダイエット方法は欧米で「デュカンダイエット」と呼ばれるものです。

 

 

@A この2つのダイエット方法に共通するのは「糖質制限」です。

糖質を制限するので、甘いものは全く食べられないの?ってちょっと不満になるかもしれないけど、どんなことはないです。糖質を制限しても自然の食材には甘みのあるものはたくさんあるし、お砂糖に代わる甘みのあるものを摂れば頭も満足します。

 

「ダイエットしてるから甘いものやデザートはたべられない・・」なんて我慢することはありません。