バレエで痩せるための筋トレメニューの紹介とバレリーナ体型になりたい人用のダイエット方法の相乗効果

バレリーナの間でも最近、ピラティスや筋トレで適度にインナーマッスル(=腸腰筋)を鍛えることは浸透してきてます。
欧米のバレエ学校やバレエ団では当然のことながらマシンを使いながら超短時間の筋トレも行われています。

 

筋トレはそもそもどのような効果があるのか?

 

  1. 筋トレをする=バーベル等の重いものを持ち上げることによって筋肉の組織を微妙に傷つける
  2. 主にタンパク質の働きによって傷ついた細胞を修復する働きが体におこる
  3. この筋肉を修復するときに新たな筋肉がついて筋力アップにつながるということです。

 

個人的に、バレエのための気功整体&パーソナルトレーナの施術でも超短時間によるバーベルスクワットで腸腰筋を強化し、筋力アップを図り、余計な脂肪をつかないようにインナーマッスルを鍛えることがバレリーナのように細い体を維持したり、バレエで必要な筋力も作り上げていくには必要と教えてくれました。

 

この筋トレ=バーベルスクワットは、バレエ学校のダイエットマニュアルでもデュカンダイエットマニュアルでも推奨されている同じ運動です。

 

 

筋トレで筋肉の修復に必要な食材

筋肉の修復には「タンパク質」が必要なので、筋トレが適度な糖質制限を行うダイエットでも十分推奨される運動であることが理解できますね。

 

食べた糖質も筋トレをすることによって筋肉を作るときにエネルギーに代わるので、見た目も太ることなく筋力を保持できることが可能です。

 

だから見た目もほっそりとしているバレリーナ体型になりたいのであれば、筋トレは糖質制限ダイエットには体脂肪を減らすにも、筋力アップするにも有効な運動といえます。

 

またバーベルスクワットができない環境や、筋トレするのが億劫な日は、タンパク質を含むサプリメントで代用しても必要な筋力を保持してくれ、ダイエット中でもぶよぶよとした体つきにはなりません。

 

タンパク質=プロテインを含むサプリメントやカロリーの少ない飲み物と短時間のバーベルスクワットで筋力アップさせて体脂肪率を下げることを併用していけば、体重が減れにくい時期やダイエット後のリバウンド防止にも適用できます。