骨盤調整すると足長効果もあり痩せるダイエット効果でバレエで自分の体形にもっと自信をもとう!

骨盤調整でゆがみを治せば、歪みのせいで短くなっていた足も数センチ長く本来の脚の長さになるのはイメージつきますよね?
脚の長さが数センチ長くなるだけで、バレエのレッスンで鏡に向かって自分の姿を見たときに足長効果を実感できます。

 

ポワントでたてば数センチの長さの違いはもっと顕著に足長効果も実感できますからね。

 

下図をみてもらえば分かると思いますが、骨盤のゆがみを調整すると見た目も身長が伸びたように見え、猫背もなくなり、バレエで必要な体型にもなるのが一目でわかりますね。

お腹もひっこむし、でっ尻も治る。だから見た目もより細く痩せて見えます。

 

じゃ〜どうやって治すか?
大概は整体で治すことが多いのではないかと思いますけど。

 

でもこれだとお金もかかるし、でかけるのも面倒くさい時があるし、時間がない時もある。
そういう場合は自宅でカンタンにできる方法もあります。

 

実際には個人的にバレエのパーソナルトレーナー兼気功整体師に教わったことです。
こんなかんたんなことで自宅でできるので試してみるといいですよ。

 

骨盤に直接何かをするのではなく、キーワードは「お尻=大殿筋を温める」だけ。


バレエのレッスンででおしりの筋肉が固まってしまう=骨盤の歪みの原因を作ってしまう?!

バレエをやっている人はよく先生に「おしりをしめなさい!」ってよく言われるでしょ?

 

言われなくてもピルエット回るときや足上げをするとき、一番ポジションで立つとき他、いろいろな箇所でお尻をしめることが多いです。
(ギューとしめるわけではないのですが、何も力をいれないわけではないですよね)

 

そうすることによって大殿筋に常に力が入ってしまう=おしりの肉が多少なりとも固まってしまい、骨盤の周りの筋肉を硬直さえてしまう。
結果骨盤の周りの筋肉が硬くなり動きにくくなるから、骨盤にへんな歪みが徐々にできてしまう。

 

だから私たちが自宅でできる骨盤のゆがみを改善するには、「おしりの筋肉=大殿筋を温めて筋肉をやわらかくほぐし、骨盤のポジションを動きやすくする」ことです。

 

気功整体でいうと、手のひら本来がもっている温かさでおしりに触れて温めてあげるだけで次第にお尻の筋肉をほぐしてあげること。
手のひらでできない人はホッカイロお尻にのせておくだけでもいい。

 

うつぶせに寝て、お尻を自分の手で触れたり、カイロをのせるだけ。
お風呂上りにやると効果的。

 

そうすることによって筋肉もほぐれて、骨盤の周りを覆っている筋肉がほぐれていくので、骨盤も動きやすくなる。
だから筋肉の硬直による骨盤のゆがみが改善されていくということに繋がります。

 

また筋肉を温めることによって血のめぐりもよくなり、新陳代謝の効果もアップするため、ダイエットしなくても痩せやすい体作りが自然とできてしまいます。
冷え性の人が痩せにくい体質といわれている理由も納得できますね。