海外のバレリーナも実践している減量方法からリバウンドなしの成功するダイエットのコツ

フランスのバレエ学校用の2週間ダイエットメニューやデュカンダイエットである程度痩せたい体重になって、体脂肪率も減り見た目もバレエのレッスンで自分の姿をみるのが楽しみになったら、ダイエットはそこで一旦終了した場合、本当にこれ以上太らないのか?

 

全く太らないのか?というとYESでもNOでもという回答になってしまいます。
というのはダイエット終了後に、すぐにダイエット中に控えていたカロリーの高い食べ物を一度に大量に食べ過ぎるとリバウンドの原因になります。
アルコールを大量に飲み始めるのも同様です。

 

私自身、一度はバレエ学校のダイエットメニューでせっかく40キロ近くまで痩せたのに、ダイエット終了後に食べる量が一気に増えてしまい2〜3週間で50キロほどまで太ってしまいました。

 

(身長は160cmなので50キロだとプロのダンサーだと自覚なさすぎですよね。太り気味です・・。)
この時は「あ〜〜〜せっかく痩せたのにまたダイエットしなきゃ・・・」ってかなり落ち込みました。
そして一度リバウンドすると痩せづらくなってしまうんですよね。

 

 

本当に42〜43キロ近くまで体重を落とすには、初回に始めたダイエットの期間よりもかなりの期間を要しました。
だからダイエット直後に今までに食べるのを我慢していた食材を暴飲暴食したり、油やお砂糖の摂りすぎには十分注意が必要です、リバウンドしたくなければ。

 

リバウンドしてから再度ダイエットをして、ダイエット終了後には引き続きバレエ学校で教わった2週間の食事管理メニューに沿ったお料理をできるがけ心掛けました。

 

このダイエット方法は月曜から初めて日曜で7日目を迎えるスケジュールで実践していくんですが、週末に向けてどんどん食べる食材がけっこういっぱいになってきます。
例えば月曜日の朝は以下の食事をすることになります

 

  • ごはんお茶碗に軽く1杯、パン1枚、それに準じゅるカロリーのパスタ、うどん等主食
  • 卵1つ
  • グレープフルーツ1個
  • 飲物自由(ただしお砂糖、ミルクは不可)

    *ただしダイエット中はお砂糖、油を一切加えるのは控える

 


このような朝食メニューだったら、ダイエットしていない時期も上記のメニューに近いものを食べるようにしてました。

 

卵料理であれば、レタスやトマトを加えてサラダにしたり、スクランブルエッグにしてトーストしてカリカリに焼けた食パン1枚にのせてパリのおしゃれなカフェで出てくるようなクロックムッシュー風にして食べたり。

 

朝から甘さが欲しい時は、卵に糖類0キロカロリーで天然の食材の羅漢果を加えて食パンに浸してフライパンで焼いて、お紅茶といっしょに食べたり。

 

そしてグレープフルーツ1個。
これを一度に食べるにはかなり量は多いので、個人的には朝半分の量を食べてました。

 

こうすれば食を楽しみながら、それほど「痩せなきゃ」といことは考えずにメニューに沿って食べるものをアレンジできるので食を楽しむこともできました。

 

もちろんダイエット中ではないので、週末の夜はダンサー仲間とレストランで食事したり、旦那さんの手料理を堪能したり、内々の週末パーティーをして食を楽しむこともしてました。

 

ダイエット終了後のリバウンド防止のための食事管理のポイント

 

バレエ学校用のダイエットメニューを一反終了した場合でも、毎日のダイエットメニューに沿ったお料理のアレンジをして、引き続き健康に問題ないダイエット甘味料や油の使用料や油の種類を健康かつカロリーの低いものに変えたり、時々油を加えないでレフロン加工や、オーブン料理、蒸し料理等であれば低カロリーで美味しいものを食べるのも全く可能です。


デュカンダイエットはコチラ⇒