見た目も細く華奢で健康的に痩せるには食べ物の量を減らさない!

痩せたいと思っていて、独自の方法である程度痩せてくると、ちょっとした0.5キロの微妙な太り具合にも超敏感になりますよね。

 

そんなの水分の量で1〜2キロ毎日体重は変動しているんだから気にしない、といってもやはり気にしちゃう。

 

いまでこそ健康なダイエットや痩せる方法を口酸っぱくバレエ教室の生徒さん達にはいってますが、自分がプロのバレエダンサーだった時やその前のプロのバレエダンサーを目指していた子どもの時は、本当に少しの体重の変化にも敏感すぎました。

 

だから飲み物を飲む量までも気にして制限していたほど。
食べづ嫌い、飲まず嫌いで有名だった時期もあります。

 

でもこれは間違った方法。
知っててもやめるのに時間がかかったな〜・・・。

 

このように食べ物の量も制限しちゃうと、食べるものに限らず、太らないカロリーのないものやカロリーの少ないもの、糖質ゼロのものでも、食品そのものを食べる量をちょっとずつ増やしただけで体重が増えていっちゃうんです。

 

こんな間違ったダイエットしちゃった人も多いですよね。

 

 

なんでちょっと食べただけでも体重がすぐ増えちゃう体になってしまうかというと、ちゃんとしたした理由があります。

 

食べ物の量を減らしていると、体がその少ない量になれてしまいます。
なんとか少ない栄養・量で生命を維持しようとする働きがおこります=だから汗もかきにくくなり代謝が悪くなり、食べ物からとれる栄養(=カロリー)を蓄えようと働きかけます。

 

結果、栄養素や脂肪が燃えにくく体から老廃物もでにくい体内は汚いものがどんどんたまっていきます。

 

そこにちょっとずつでも健康的な体に戻そうとか、健康的なダイエットを再度トライしようと思い、食物を増やしていったときにはすでに遅い!

 

「体は栄養素をため込みやすい体のサイクル」ができてしまっているから」。
だからちょっとご飯の量を増やしただけでも太っちゃう。お米に含まれる糖質の量は多いですからね。

 

私自身もパドドゥをやるために痩せたら見栄えがするし、男性ダンサーに対しても体重の負担をあまりかえたくなかったので体重がやせることだけに着目していた時期があります。そうすると、ちょっとした体重の上下も敏感になりすぎちゃって。そのうちに自己流ダイエットをやっていたせいで、リハーサル中に飲むお水も体重が太るからと思って飲まなかった時期もあります。見事に160cmで40kg前後で見た目は細くてきれいになりましたが、メンタル的にはズタズタでしたね。

 

バレエのレッスン中に飲み物を補給しないと汗をかきにくくなってしまうので、代謝が悪く老廃物が体にたまってしまう。
その結果冷え性になったり、汗がでてくれないから痩せにくい体になっってしまったり・・・。

 

だから正しいダイエット方法でメンタル的にも体にも負担をかけない健康的な痩せ方を学ぶことってすごく大切なんですよ!

 


糖質制限・油制限ダイエットでリバウンドせず痩せるために必要なポイント

ここで紹介しているバレリーナやバレエダンサーのように筋力があって見た目もしまったきれいな体のラインになりたい人にとって、1〜3か月間と期間を決めて糖質制限・油制限ダイエットを実践するとリバウンドをしないような体作りができるダイエット方法です。

 

この2つに共通している2〜3か月で3〜5キロ痩せる体つくりのポイントがあります。

 

・満腹感を感じるタンパク質を含む卵やタンパク質のサプリメント必ず毎食食べる=満腹感がでて食事の量は減らさずに、一日の食べるカロリーを低くおさえることができる。

 

・便秘になりにくい食材(海藻類やきのこ類等)を食べるようなマニュアルなので、便秘を解消する=ポッコリおなかは体重は変わらなくても見た目は太って見えます。糖質制限ダイエット中で食物繊維の多い海藻類はかかせません!

 

・食べる食材自体が体を冷やさずに代謝を改善する状態をつくるため、老廃物やむくみもオフ=新陳代謝を活発にしておいて汗をかきやすくいらないものは老廃物として簡単に体の外に排出を促す食物を食べるか、サプリメントでもこの手のものはいろいろ市場で出回っていますよね!

 

むくみや便秘、老廃物など体から取り除くだけでも1〜2キロは違ってきますよ!
下手にダイエットするよりもこういったいらないものを体内から出しやすい筋トレと、食物のチョイスは大切ですね。