バレリーナのように理想体重になっても体がぶよぶよして美しく痩せない理由

BMI値が欧米のバレエ界でも世間一般でも重要視されなかった時代のバレリーナ体型のように細くて美しいとされる人たちの理想体型は、「身長―120」とされていました。

 

(今は都市伝説の1つですが(笑))

 

現在は身長や年齢によって理想体重とされる目安は「BMI値」がとっても重要視されています。
欧米のバレエ学校でも日本のバレリーナの間でも、見た目が細くて健康的な痩せ方をしている人たちの外見はほっそりとしています。

 

そのように見た目がバレリーナのようにほっそりとしている人たちとただ痩せているけど全体的に細く美しき体型に見えない人たちの違いってなんだか知ってますか?

 

それはBMI値のほかに「筋肉の量」がちがうからです。

 

ただ細いだけでなくBMI値を図れる本格的な体重計であれば筋肉量なども図れるようになっています。

 

 

つまり体脂肪を減らしながら筋肉量は一定に保っていくことが見た目もバレリーナのように細くて脂肪のすくないスレンダーな体型が作ることがここでいう健康的に痩せる目標といえます。

 

そうしないといろいろダイエットに弊害が生じてきてしまいますからね。

 

自己流ダイエットで正しいしい食材の知識がないと痩せるかもしれませんが、筋力が落ちて脂肪がぶよぶよのしまりのない体になってしまったり、筋力低下で体力が落ちてしまったり、ちょっと食べる量を増やしただけでもリバウンドしやすい体になってしまったり・・。

 

そのようなダイエット失敗にならないためにも、食材の選び方と糖質の制限量を守りながら、体を引き締めて体脂肪を減らすために適度な有酸素系の運動が必要になります。

 

だからここで紹介している「フランスの某バレエ学校用のダイエットメニュー」と「デュカンダイエット」は、ダイエットメニューで多少の違いはありますが、共通している「糖質制限」と「有酸素系の運動」を毎日定期的に行うことでリバウンド防止と、体脂肪率を減らして見た目も細くしまったきれいな体型を形作っていくことが目的とされているのでお勧めです。