美しい筋肉で体のラインが綺麗なバレリーナが何気に食べている食材は何?

バレエをやる人にとって、どの年齢の人も美しいバレリーナ体系や体のラインを保ちたいと思うもの!
鏡ごしに美しい自分の体のラインが確認できれば、もっとバレエが楽しくなりますよね。バレエやってる人なんて、自惚れがあるからこそ続くもの!そしてレッスンや踊りがもっと楽しくなる!

 

だから美しいバレエ体型を保つためには、少なからずちょっと努力しているのが本音です。
「何にもしてない」とか「ダイエットしてない」とかいうのはウソ。

 

ダイエットしてないといってもバレエ関係者と食事にいくと、油モノの料理の量を控えたり、デザートはフルーツ中心にしたり食べなかったり、カフェにはお砂糖やミルクを入れなかったりと、ちょっとしたことでも気にかけていますよ。

 

美しい体のラインを保ちながら、ハードなレッスンやリハ、本番をくりかえすバレリーナやバレエ愛好家が、きちんと摂るべき「栄養素」まずを正しく理解してこそ、柔軟性のある美しくて時には、フェッテ等の力強い技でも足や腰を痛めない体つくりがとっても重要。

 

普通アスリートの人が体脂肪を減らしながら体力は温存する方法で「高タンパク質、低脂肪」の食材を選んで食事療法することが推奨されてます。
たしかにそうなのですが、そうすると硬く強い筋肉が育ってしまう。

 

ただ痩せたい、体を引き締めたいと体脂肪率を下げるだけなら、アスリートのような食事で痩せていいと思う。

 

 

でもバレリーナのように柔らかくしなやかで足を高くあげたり、柔軟性を求められながら強さもある特殊な美しいラインの筋肉をつけながら体脂肪率を下げるのは「高たんぱく」でなく「低たんぱく質で低脂肪」のものを食べて、バレエのレッスンをしながら痩せる・体を引き締める必要があります。

 

そうしないとぼっこりした太い脚になっちゃいます。


バレエの美しい細くてしなやかな筋肉を作るには「低たんぱく、低脂肪」が必須

バレリーナのように細いけど美しく引き締まった筋肉を手に入れるには「低たんぱく、低脂肪」の食材が絶対必要。

 

このダイエット方法は、一般のひとが痩せたいと思ってやる健康的な方法とは違います。
だから一般のダイエット方法ではなく「デュカンダイエット」というフランスで大人気なダイエット方法で、ロペス他、有名な欧米の女優さんも行っているダイエット方法が最適です。

 

他の健康ダイエットも体にはいいのですが「高たんぱく」なのがデュカンダイエットと違うところ。

 

デュカンダイエットでも推奨されているし、バレリーナのようなハードなレッスンや本番にも耐えらえる強くて細長い筋肉を作るには次ん食材が特に推奨されてますです。

 

  • 適量の炭水化物
  • 低脂肪のの乳製品
  • ビタミン類
  • ミネラルやカルシウム
  • 食物繊維を含む食材
  • 油を加えない、肉や魚類

 

上記の食物をとることによって、バレエのレッスンや本番の公演、リハで緊張して硬くなりすぎてしまった筋肉をほぐす役割ももっているし、筋肉のリカバリーを早めたり、疲れを次の日にもちこみにくくするものばかりです。