バレエやスポーツに必要な食事制限とたんぱく質と筋力の関係

タンパク質の主な働きは筋肉や臓器や皮膚細胞の活性化、髪の毛の再生や質、血液を作るという生きていくうえで欠かせない成分の1つです。
間違ったダイエットやダイエットをしてもきれいに痩せなかったり、皺が目立つようになって実年齢より老けて見られるときは「タンパク質」をしっかりととっているか、もう一度確認が必要です。

 

ダイエットしたのに老けて見られたらり、顔や手足がカサカサでいかにもカピカピの肌なんて、せっかく痩せても見た目も綺麗じゃありません。
普段の生活でも、バレエや芸術性を評価されるフィギュアスケート、新体操等は見た目も美しいことが求められるでしょう?

 

だから筋力維持のためにもアンチエイジングのためにも基礎代謝アップのためにもダイエット中もタンパク質の量は減らしてはNG。

 

 

タンパク質の量が減ってしまうとどのような現象がおこるか?

 

  • 筋力低下=疲れやすい、集中できない、バレエやスポー等で実力を発揮できない
  • 肌がカサカサになる、肌荒れやニキビが増える・治りにくい
  • 免疫力の低下=病気になりがち

 

ある程度ハードなバレエやスポーツ、ハードなウォーキングを行う人にとっては筋肉を維持していくため(=体脂肪を減らしあうこと)食事管理をしていると筋力もおちてしまいがち。

 

それだけでなく美容や健康の面を考えてもタンパク質の量が足りないと病気になりがち。そして痩せたはいいけど筋力低下により体力がおちて、運動量も減ったり、バレエのレッスン中も何となく練習量をこなしているだけで集中できないと上達もしないですからね。

 

バレエに限らずどんなスポーツでも勉強でも他の趣味でも、打ち込めるものに集中できなかったり力を十分に発揮できなかったら残念じゃないですか。

 

個人的にはバレエがとっても好きなので、レッスン中に自分に集中できなかったり、発表会でも体力不足でいつものようにできなかったりするとすっごく悲しい事実として思い出に残ってしまうので、タンパク質はしっかりと食べるようにしています。ジュニアの時も現役の時代も趣味として続けている今でも。

バレエや美しい細い体型を求められるスポーツには高カロリーより低カロリーなタンパク質がお勧め!

プロテインには、動物性プロテイン=ホエイプロテインと植物性プロテイン=ソイプロテインがありますが、どちらでも効果は同じで主に体に吸収されるスピードが違います。

 

当然動物性プロテインの方が一気にタンパク質が体に吸収される作用があります。

 

糖質制限のダイエットや他のダイエット中でも体脂肪率を下げながら引き締まった見た目も細いバレリーナやモデル体型になりたい!ということが目標だったらタンパク質はダイエット中も必ず必要です。食べてください!食べても太りませんから(笑)!

 

 

バレエやハードな有酸素系のスポーツ、アスリートが行うスポーツをする場合や、筋トレで筋肉を壊して修復させるながらインナーマッスルを付けていく人にとっては、筋肉の疲労や修復を素早くさせるために、運動直後や運動中に動物性プロテインを補給するように強くオススメします。

 

また皮膚の活性化や乾燥を防ぐためには、おだやかに体に吸収されていく植物性のプロテインを練る前に飲むと美容の目的にお勧めです。


 

どうしても時間的にタイムリーに食事できなかったり、ハードなスポーツ、バレエのようなハードな有酸素系の運動をしている時や、糖質制限中のダイエットの時に筋力を維持したりアップさせてより見た目も引き締まった体を維持したい時は、料理しなくても気軽にタンパク質がとれるサプリメントやスムージでプロテインを補助として摂取することをお勧めします。

 

糖質ダイエット中には効率的にカロリーが低く効率的にプロテインだけ摂れるサプリメントやスムージを上手に使って体に補給していくことを心掛けてください。
女性の為に作られたHMB!水なしで手軽に飲めちゃう♪