バレエでふくらはぎが子持ちシシャモになる前に必要な筋トレは?

バレエを始めるとふくらはぎにボコっとした見た目「子持ちししゃも」の筋肉がついていませんか?

 

それって遺伝もあるけど、実はもともと体を引き上げる筋力が劣っているから、比較的強い筋力の場所=ふくらはぎ中心にバレエの動きをしてしまうことが大きな原因。

 

その他に考えられる原因もありますが、やはりこの場合は見た目も醜いし、やはりバレエをやるからには細くてスラっとしたふくらはぎを手に入れたいですよね。
そうすれば鏡に映る自分を見るのも嬉しくなるし!

 

筋トレといってもバレリーナに必要な見た目アスリートのようにボコっとした筋肉をつけることなく、体の内部の筋力をアップ・補強するという方法は、バレエをやっている人特有の筋トレといえます。

 

普通のジムでやる筋トレメニューをそのままやっても、見た目マッチョな体になってしまうのが通常なので、ここが注意するところです。

 

日本ではまだバレエに特化した筋トレプログラムに取り組んだり、同時にバレエに必用な食事方法(ダイエット方法)をしっかりと教えてくれて相談もできるプロのトレーナはわずかです。

 

私の知っている限り東京では2人だけ。
そこでは元バレエダンサーが開業しているところなので、やはりバレエ関係者というとこもあって信頼はできます。

 

現在は、バレエを基礎とするフィギュアスケートや新体操、体操界から趣味でバレエやっている主婦や、中年太りしてしまって何をしても痩せないという人もマンツーマンでトレーニング指導をうけています。

 

 

ふくらはぎ外側の筋力だけでなく、基本的にバレエはインナーマッスルを鍛えてバレエのレッスンの中で動きと合わせてトレーニングしていく必要があります。
(ただインナーマッスルをピラティスでやって、何も内部の筋力を考えずにバレエのお稽古をするのはムダです。)

 

バレエで必要な体の内部の筋力トレーニングの1つに大臀筋と一緒に中殿筋を鍛える方法があります。
ジムでいうと、「デッドリフト」と呼ばれるもの。要はバーベル上げ。もちろんバーベルの重さは体重や各自の筋力に応じて違ってきます。

 

バレエ関係者にとっては、デッドリフト=バーベル上げを超短時間で行うのメリットは、

  1. 超短時間でバーベル上げで筋肉に負荷をかけけt細胞を壊し、次第に壊れたわずかな筋肉の細胞が修復する時に筋力がついていく
  2. この筋肉が細胞レベルで修復していく時に食事制限やインナーマッスルを鍛える筋肉をつけるトレーニングを同時期に行うことで、バレエの激しい動きや足上げのキープ力、ジャンプの力、バランス力、回転系のテクニックが内部の筋肉でできるようになっていき、外側の不必要なボコっとした見た目も汚い筋肉が
  3. 改善されていくことに繋がります。

 

一朝一夕ですぐにできることではありませんが、バレエが上達して見た目も細いバレリーナ体型になれるために一番の近道です。