バレエでダイエット中の食生活:子ども尾も大人も一日に食べていい野菜の種類と量について

バレエのレッスンや有酸素系の運動とともに、バレリーナのように細くて筋力のある体脂肪率さげるためにもダイエットには食事管理も必要ということはここで紹介してきました。

 

今回はその食事制限中の野菜について言及していきます。

 

「野菜だから太らない」という認識は一般的です。
確かにそうなのですが、ここで紹介している「フランスのバレエ学校用ダイエットマニュアル」と「デュカンダイエット」には野菜についても詳しく紹介されています。

 

詳細はマニュアルにしっかりと書いてありますが、少しだけここで情報公開します。

 

野菜には上記のダイエット方法ではダイエット中期間は食べるのを控えるべき食材があります。

 

特にサツマイモ、じゃがいものイモ類

 

理由はカンタン。原料中に食べていい野菜と違ってでんぷん質や糖質の量が多すぎるから。
フランスのバレエ学校用のダイエットマニュアルでもデュカンダイエットでも基本は「糖質制限」「油制限」です。

 

共通点として他にも食べていい野菜とそうでない野菜類が言われています。

 

 

デュカンダイエットではマニュアルに詳しく書いてある通りに、食べていい野菜とそうでない野菜が詳細に書かれています。
バレエ学校用のダイエットメニューでは、デュカンダイエットほど食べていい野菜とそうでない野菜は、イモ類、豆類を除いて好きな野菜を食べることを推奨しています。


 

毎日食事を作るうえで、時間的に余裕があればデュカンダイエットマニュアルを選らんでもいいし、時間的に忙しければ特に野菜を選ばずに料理ができるバレエ学校用のメニューにそってダイエットすれば、減量にも体脂肪率アップにもつながります。

 

ダイエット中だからといって野菜しか食べないはまちがいですからね。
タンパク質の食材を食べ、バレエや適度な有酸素系の運動や筋トレを行う日課と合わせて、他の食材は相乗効果を発揮するという認識が大切。

 

野菜は食べるとおなかの中でかさばるのある程度食べたら満腹感を感じますよね。

 

 

野菜が不足すると便秘がちになって、便が何日も腸にたまって痩せているのに「ポッコリ」お腹なんてことにもなってしまします。

レオタード姿でおなかだけポッコリでているのはすごくみっともないですよ。
また野菜にはビタミンやミネラルも含まれるものが多いので、不足すると皺が増えたり、体のあちこちでたるんできたり、美容やアンチエオイジングにもよくないので野菜は十分食べる必要があります。

 

基本的に厚生労働省では一日の野菜の量は200g〜350gをとされています。

 

 

冷え性の人や、バレリーナやアスリートの人たちは体を冷やすと筋肉が硬くなる傾向があるので、生野菜より温野菜を多くとるようにしてくださいね。

 

生野菜は夏の野菜が多いので、体を冷やす作用があります。レタス、トマト、キュウリが代表的です。
特に夕食では温野菜をとることを心掛けてください。

 

もちろん野菜を調理する時だけでなく、バレエ学校用の2週間ダイエットメニューでもデュカンダイエットマニュアルでも、油や砂糖が使われているドレッシングは一切使わないように指示されています。

 

必要な油は毎日食べるお魚やお肉自体に自然の油が含まれています。
だから全く油を摂らない訳でなく、すでに食べる食材の中で油はとっているので心配ありません。

 

基本の味付けは、お塩、こしょう、お酢、マスタード、ハーブ類を使ったものを使うことになります。
最初はソースやドレッシング、マヨネーズの味にべったり慣れてしまった舌には味気ないものとなると思います。

 

でもダイエットには必要なことです。
本当に綺麗に痩せたいのか?自分の最終目標をもう一度考える必要があります。

 

最初は淡泊な味でも慣れていけば、淡泊な岩塩の味つけだけで食材がもっているそのものの素材の味を堪能できる楽しみも増えますよ!