身長が低いことのデメリットはこんなにもある!バレエ界だけではなく一般の生活でも弊害はありますよ!

ダイエット中のバレリーナやバレエをやっている人が意外と知らないダイエット中のビタミン摂取量。

 

痩せることばかりに注目したり、見た目バレリーナ体系のようにスレンダーな体つくりばかりを気にしていると大切な栄養素の1つを忘れてしまいがち。
ダイエット中に特に栄養素の中でもあまり重要視されないのがビタミン類。

 

ビタミンCは、美白成分にも欠かせないことで世間では騒がれていますが、意外と知られていないこともあります。

 

美容効果だけでなく、骨の成長度のにも密接な関係があります。
骨の成長度=身長の伸び具合に密接に関係してます。

 

バレエ界でも10年ひと昔と違って女性も男性も大型なダンサーが多くなっています。
世界でもトップバレリーナである吉田都さんや森下洋子さん、コジョカルやピュジョルのような元々プリンシパルになれる存在のバレリーナたちだったら、背が160pなくてもいいのかもしてません。

 

でも大抵ヨーロッパの大きなバレエ団やダンスカンパニーでは女性は168cm以上は最低でも欲しい。
男性だと最低でも180cm前後は欲しいところ。

 

身長制限でバレエ学校留学の基準も満たせず入学を断られます。
また国内外のバレエ団の事前のオーディション申請も、身長制限もあるのでやはり過度のダイエットで栄養不足で身長が伸びない・・・ということは避けたいですよね。

 

日常生活をするうえでは身長が低くても困りませんが、バレエ以外の職業でも人気のある華やかな職業は身長制限がつきものです。
モデルさんや客室乗務員がそうですよね。

 

男子なら付き合っている彼女より背が低かったら単純にコンプレックスを感じませんか?
もしかしたら背の低い男性の彼女は、ヒールが高くて足長になる靴を履きたいのを我慢させているのかもしれないですよね。

 

女性であればやはりスタイルよくみせたいですよね。
小さすぎる身長は可愛く見えることもありますが、スタイルのいい女性には見えにくいですよね。

 

痩せても元々体が小さいのでそれほど痩せたようにみえないし・・。
成人している女性でも女性っぽい美しい体つきに見た目も見えるには160cmは最低限ほしいもの。


バレリーナ体系にみえるように身長も伸ばすためには?実は意外と知られていない栄養素が大切

身長を伸ばすために、カルシウムをとることは割と世間で一般に知られています。

 

でもカルシウムをいっぱいとれば成長期に身長が簡単に伸びるってことではないです。

 

次の言葉はいつも左の股関節変形のために通っている整形外科医の発言。

 

医学的見解から言うとカルシウムを必要以上にとると、骨は上部になる=硬くなってしまう傾向があります。
そのため骨が成長する=伸びようとする動きを妨げてしまうので、かえって成長期のカルシウムだけを多くとるのはよろしくないということ。

 

そういった骨が硬くなり固まる傾向を助け、身長の伸びに直接作用しやすい栄養素が整形外科では次の3つと言われます。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンの中でもビタミンC

 

特にビタミンCはバレエのレッスンや筋トレ、普通のジョギングでも汗をかくとすぐに汗や尿となって体外へ輩出されてしまうので、こまめにビタミンCを水分といっしょに
バレエのレッスン中や舞台やコンクールの間にちょっとだけでも補給することをお勧めします。

 

上記の栄養素を毎日の食事の中で摂るのは結構食べる量を必要とするので、カロリーを気にしている人やダイエット中のバレエをやっている人には注意したい点ですね。上記の3栄養素とカルシウムをサプリメントでとって、カロリーも食べる量も減らして背が伸びる栄養素を体にとりこむのは画期的な方法です。