バレエで脂肪も糖分も全くとらないダイエットは逆にリバウンドするし、代謝が悪くなり冷え性と痩せにくい体が作られる?!

体についている脂肪(皮下脂肪)は体内から体外への熱の放散を防ぐと共に、体外から体内への熱の侵入を防ぐため、体が急激に冷えたり熱くなったりということなく体温を調整する働きがあります。

 

このように、脂肪も理解して補給することで身体に良い効果をもたらしてくれます。
もちろん、摂り過ぎは痩せるという意味ではダイエットには良くないので、適量をとるように。

 

特に成人を過ぎると体の代謝も悪くなって冷え性等も適度に脂肪をとっていないと疲れやすく発病しやすくなります。
バレエ以外に何もやる気がしない、体力がないと役も力量発揮できないから負の連鎖になりがちです。

 

友人であり現在もイタリア在住の専門のダイエットトレーナーと時々ラインやメッセンジャーで連絡とりあうのですが、彼女やイタリア地元のバレエやアスリートのための筋トレトレーニングセンターで推奨しているダイエット方法は「デュカンダイエット」です。

 

簡単に話すとフランスの医者と肥満患者の間で数年間の実地研究と患者の体調記録結果から考案されたダイエット方法です。
特徴としては、

 

  • お肉大好きな人でも痩せる
  • 7日間サイクルで糖質と脂質の接収の制限を守れば、それほどダイエットするということで精神的につらくない
  • お腹がへらない
  • リバウンドしにくい(臨床結果によりリバウンドした結果はわずか)
  • 低糖質、低脂質ダイエット方法なので、完全に糖質と脂肪をとらない食事療法ではないため、健康でいられる

 

上記のデュカンダイエットは、最初に一日に何をどのくらいまで食べて大丈夫かということを知識として考えることが毎日必要になるのが最初は面倒くさいだけ。
慣れればスーパーでも食品裏の成分をみて、何を買っていいのかそうでないかがわかるようになります。

 

これがデメリットといえばそういえます。

 

例えばの話しですが、このように「デュカンダイエット」を実施していけば、健康維持できるし、バレエで必要な筋力や筋肉は衰えずに疲れにくい体つくりもできるようになります。
結果的に、常に痩せやすい代謝のいい体つくりができ、体温調節もできる強い体作りができるようになります。