バレエで必要な筋肉をつけることと体脂肪を落としてバレリーナ体型になるために必要な栄養素はこれ!

バレエを楽しく趣味で続けるにも、バレエダンサーのように痩せた体になってその先にある目的は、自分が痩せた体になってよりで美しくなり、恋愛に発展させたり、バレエでも鏡越しに自分のレオタード姿をみるのが密かに楽しくなったり、レオタードを新調したり、そんな希望が待っているのではないでしょうか?

 

痩せる目的はいろいろありますが、痩せる方法をまちがえるとかえって太ってしまったり、リバウンドしてしまったりするので、注意がスッゴク必要です。

 

ここのサイトの情報を読んでいただくと理解頂けると思いますが、バレリーナのように細くてリバウンドしにくい体を維持するには、食事制限は必須です。
そして>筋力トレーニングも体脂肪を減らすために必要なことです。

 

筋力をつけながら体脂肪を減らすためには食事はとても大切。
特にタンパク質に含まれるアミノ酸が欠乏すると、体をしめるための筋肉が創られにくく、体重は食事制限で減ったとしても脂肪がブニャーとつかめるおなかやお尻になってしまったり。二の腕の肉がぶににゅぶにゅのままだったり。

 

体重をたんに減らすことだけが目的じゃないですよね?


痩せるには引き締め効果のタンパク質=アミノ酸をどのくらい毎日摂ればいいのか?

体脂肪を落とすための筋トレと毎日のタンパク質=アミノ酸の摂取は必ずとること!

 

タンパク質というと卵や、肉・魚から取るのが一般的とされていますが、体脂肪を減らしながら加圧トレーニングもしながらということになると、通常の食事でタンパク質をとっていたら間に合わないのが事実です。

 

どうしてかというと、肉100グラムに含まれるタンパク質はたったの20グラムです。
それも肉の部分ではカロリーの多い赤身の肉でさえ、たったの20gなんですよ。

 

そうだから必要な体を引き締める筋肉を作りながら痩せようと思ったら、一日にタンパク質は最低でも40グラムは摂るべきとフランスの某バレエ学校でも言われています。

 

そうすると、肉に換算すれば一日200グラムの肉を食べるの?!
いや〜こんなに肉を一日にとるなんて、体重とにらめっこしているバレリーナやバレエ関係者は無理です。

 

食事では大量のお肉をとってしまったら、やはり太る原因にもなりますよね。
特にバレエをやっている人であれば、やはり痩せていたいと願うもの。

 

でもlこのたんぱく質=アミノ酸の量が減ってしまうと、体を引き締めるための筋肉も十分に作られないので、結局ダラーとした脂肪がなかなかとれないくあってしまうといった現象がみられるようになっちゃいます。

 

それだけでなく二次的被害として(笑)、タンパク質=アミノ酸も取る量が減ってしまうので、お肌のたるみの原因にもなるし、肌もつやつやしなく何となく老けた感じにみられてしまうようになってしまいます。

 

十分な筋肉ができないので、体力が少しずつ衰えてすぐに疲れやすい体になってしまうのも、タンパク質の量が少ないのが原因です。

 

大量に肉や食物からタンパク質=アミノ酸をとることに抵抗があるときは、やはりサプリメントや補助食を取り入れるのも一つの方法です。
そういう場合は、少しコストはかかりますが、栄養補助食に頼るのもバレエで痩せている体系を保つために必要だと私は思います。

 

これだとカロリーも少なく、かつタンパク質もとれるので筋力作りには最適です。
食事を作るにも食材にはお金がかかります。
そういうことと同じことですね。

 

 

また、バレエ留学中にバレエ学校の栄養士監修の2週間ダイエット食材メニューでも、大分体の引き締めもできるし、真面目に取り組んだ人だと短期間(約1か月半)で体重も体脂肪も落ち、レオタードとピンクタイツだけでバレエレッスンをするのにも抵抗がなくなるほど、自分の体が美しく変化することが確認できます。

 

その簡単な料理は食材がきまっているだけで、調理方法は自由なので個人個人で自由に料理ができるのでこれだとダイエットしなくちゃ〜なんて脅迫観念にも陥らなくて、食べることが楽しみになるのもいいです!

 

かなりお腹にたまりますし、栄養バランスが最高なので、お腹が変にすくこともありません!
ただ痩せすぎには注意です!