理想の体型にやせるにはただ体重を落とすだけではNGで、体脂肪も一定の目標値まで下げることが必要ということはこのサイトで伝えてきてます。
具体的にどのようにすれば総合的に体脂肪率も下がり、体重も減るのか?

 

まず考えるのは食事管理。

 

フランスのバレ学校用の2週間サイクルダイエット方法やデュカンダイエットでも食事管理が基本。
↑これをすればカロリー計算もされているので体重は必ず減ります。体脂肪率もある一定の値までは痩せるようにメニューがつくられています。

 

体脂脂肪を効果的に減らしていくには食事管理だけでは不足です。
体脂肪率を減らすには、食事管理された食材の中で脂肪を燃焼させて脂肪を筋肉に変える作業が必要です。

 

そのために

  • 有酸素系の運動で脂肪を燃焼させることも必要
  • 短い時間の筋トレで筋力を維持していくことも必要

 

ダイエットの目標となるゴールは個人個人違いますが、バレリーナ体型や実際にバレリーナを目指す人であれば、特に注目することがこの筋トレのメニューと時間です。
この筋トレもヘビーで時間も長いと逆にアスリートのような筋肉ムキムキの筋力をつくりあげてしまいます。
だから例えばジムで1時間以上の筋トレをするのでなく、超短時間のバーベルスクワットがおすすめです。

 

具体的にはパーソナルトレーナについて、バレエや自分の体で筋肉をつけたい箇所を強化していきながら体脂肪率を下げるのが理想です。
(個々の体や違うのでその人にあった筋トレメニュー修正しながらを作っていけるのが理想です)

 

 

個人的にバレエのための筋トレメニューとしてパーソナルトレーナについて行っている筋トレが体脂肪率を下げて、バレエに必要な筋肉もつくようになりました。
その筋トレの時間はバーベルスクワット10回のメニューを一つとして、10回やったら1分休みを挟み、同じ筋トレを3回くりかえすだけです。時間にしたら5〜6分ですべてがおわってしまいます。
これだけで体脂肪率は落ちます。

 

筋トレの回数は2週間に1度ほど。
その2週間の間は自宅で仮想バーベルスクワットだけ。

 

この筋トレ初めて約1.5か月後には体脂肪率20%→17%に落ちました
この体脂肪率は世界的なバレエコンクールの一つ、ローザンヌコンクールの17歳以上の参加者ダンサーの体脂肪率の基準と同じです。


 

このように食事管理とバレエ他の有酸素系の運動を定期的に行っていて、サプリメントで筋力を維持していくことで総合的にバレリーナのように細くて激しい動きにも耐えられる筋力を維持させながら見た目も美しい理想体型になることができます。バレエに必要な筋トレと食事に細くできるサプリメント特集はこちら