バレエや有酸素系の運動をやりながら体脂肪率を下げるために必要な食材の重要性

バレリーナのような細い体型になるには、正しい食生活をするためのダイエットと適度な筋トレで体脂肪率を下げて、体重を減らすだけでなく見た目も細くしまった体を作っていくことが必要です。

 

それには2つのダイエット方法を推奨しています。

 

何回かここでもお伝えしてきてますが、
「フランスの某バレエ学校で考案された2週間ダイエットメニュー」、「デュカンダイエット方法」の2つです。

 

この2つのダイエットに共通している食材で、バレリーナのように細く筋力を保つために必ず毎日の食事に取り入れるものは想像がつきますか?

 

答は「タンパク質=プロテイン」を含む食材です。
代表される食材は卵、お魚、お肉、純粋な豆・豆製品です。

 

 

マニュアルを読むと分かりますが、

 

バレエ学校用の2週間ダイエットメニュー

 

バレエ学校用のダイエット方法では、2週間の間毎日卵を2〜3つ食べることが推奨されています。
また夜の食事については、お肉かお魚(いづれも油で調理をしないこと!)を約100g食べることでタンパク質を必ず毎日食べるようにすことを求められています。

 

毎夕食に100gのお魚料理かお肉料理を食べたらけっこう満腹感が得られます!
特に卵は安価で手っ取り早くタンパク質を体にもいれられ、料理の幅もおおいですからね!


 

デュカンダイエット

 

デュカンダイエットでは、タンパク質は毎日食べる主要食材ですが、食べる量は決まっていないところが、バレエ学校用のダイエットマニュアルとちがう点です。


 

これだけ毎日多くのタンパク質をを含む食材を食べてていてももダイエットで体重を減らしたり、や筋力アップして体脂肪を下げるには必要なんです。


バレエや有酸素系の運動をやる人にとって毎日必要なたんぱく質の量はどのくらい?

厚生労働省の調べで、成人の場合は一日に食べていいタンパク質の量は、体重1キログラム=0.85g必要どされています。
そうすると体重45キロの人では、45キロ×0.85= 38.25gのタンパク質の量が必要になります。

 

きっちりやりすぎる必要はないけど(料理作るのが面倒くさいし、きっちり計算どおりにしないと痩せないと思うこと自体ストレスにもなるので)、目分量として頭の隅にでも置いておくといいですね。人間が生きていくために必要な量と思っていれば納得。

 

↑これは運動をすることも考えずに純粋に一日に必要なタンパク質の量だけを考えた数値です。
それではバレエや有酸素系の運動、筋トレした後には当然タンパク質がエネルギーとなって代謝に使われていることを踏まえると次のことが見えてきます。

 

特に筋トレ、バレエをした後、有酸素系の運動した後は「筋肉を壊しているのでそれを修復させるためにタンパク質=プロテイン」必要です。タンパク質がこの時に体内に不足していると、筋肉の修復をすることができなくなります=筋トレしても体脂肪をさげたり腸腰筋の筋肉が理論上つかないということになります。

 

また体重だけ減ることに成功しても見た目がぶよぶよしたしまりのない体になってしまってもスッゴク残念ですよね。

 

それは体脂肪率がダイエット前とほぼ変わっていなく、痩せて筋力が低下したために脂肪を覆っている筋肉の量も低下してしまった。だからぶよぶよした「たるみ」
が目立ってしまってしまりのない体になってしまう原因です。

 

だから筋トレやバレエのレッスンや運動の後に筋肉を維持したり、インナーマッスルを強化するにはよく「プロテイン入りのサプリメントや飲み物をすぐに補給する良い」というわれるわけです。女性の為に作られたHMB!水なしで手軽に飲めちゃう♪